伊藤浩一のモバイルライフ応援団

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガラスという素材への挑戦。U11のデザインのリキッドサーフェイスの世界観 #HTCグローバルレポーター

HTCグローバルレポーターとして、台湾のHTC本社で開催されるHTC新製品発表会に参加しました。HTC U11という新機種の発表会でした。発表会の後に、HTC U11の新しいデザイン、リキッドサーフェイスに関して、HTCデザイナーの方が、日本のプレス向けに説明するプレゼンテーションがあり、参加しました。

f:id:itokoichi:20170516180331j:plain

2017年以前はメタルデザインのパイオニア。
リキッドサーフェイスは、M8時代よりアイデアがあった。
メタルではない素材。日常でよく使うガラスを選択。

f:id:itokoichi:20170516180738j:plain


ガラスの特性を研究。
リキッドサーフェイス

f:id:itokoichi:20170516180441j:plain


光によって形が生まれる。
ガラスの美。厚み、深みが必要。サンプル1.25mmの例。

f:id:itokoichi:20170516181059j:plain


1.25mmが厚過ぎるとスマホに合わない。
1.25mmより薄くすると音が軽くなってしまい、深みがない。
ガラスをレイヤーを作成。
ガラスは光の屈折。
光はいろいろなところから入り、いろいろな色を作れる。
HTC U11のカラーリングの紹介。
アメージングシルバー。水にインスパイアされて作る。水面の波、光の反射。

f:id:itokoichi:20170516181244j:plain


グリーン。オーロラにインスパイヤ。

f:id:itokoichi:20170516181341j:plain


アイスホワイト。氷山のいろいろな色。

f:id:itokoichi:20170516181416j:plain


ソーラーレッド。太陽の光が洞窟を照らす、情熱の赤。

f:id:itokoichi:20170516182306j:plain

 

今回、ガラスという素材に挑戦して、見事にユニークなカラーリングを実現しています。写真では、なかなか伝わりづらいので、是非実物を見てほしいですね。

HTC U11がついに発表!驚きのSQUEEZ機能とAlexa対応に驚き! #HTCグローバルレポーター

f:id:itokoichi:20170516171840j:plain

HTCグローバルレポーターとして、台湾のHTC本社で開催されるHTC新製品発表会に参加しました。世界中からのブレスが約200名集まる記者発表会で、会場の熱気が凄いです。

HTCのスマートフォン総合責任者のチャーリンチャン氏が登壇し、HTCの20年の歴史を語ります。様々なイノベーションな機能を開発し、他社が真似てきた、と自信を持って語っていました。

f:id:itokoichi:20170516150130j:plain

そして、20周年を迎え、さらにイノベーションは製品が発表になりました。HTC U11です。発表になった瞬間は、一斉にカメラが向けれました。

f:id:itokoichi:20170516150353j:plain

今回の機能の目玉としては、SQUEEZ機能。本体をスリープ状態でも握るだけで、いろいろな機能が使えます。例えば、握ることで自撮りモードでカメラを起動、そしてさらに握ると撮影、ということができます。防水機能と合わせて、サーフィンをやっている最中に撮影、などの例が紹介されました。このSQUEEZによるアプリの起動は、カスタマイズが可能。機能や握る強さ、長く握るなど、いろいろ設定できます。おれは、本体サイドに感圧センサーを埋め込んで実現した技術。握って操作する、とは、新しい発想で面白いですね。

f:id:itokoichi:20170516150459j:plain

f:id:itokoichi:20170516160336j:plain

f:id:itokoichi:20170516161026j:plain

さらに驚いたのが、アマゾンのAIであるalexaの搭載。アマゾンECHOで実現できているAIを、HTC U11では利用できます。これは画期的ですね。日本でローンチされた際にも、是非搭載してほしい機能です。

f:id:itokoichi:20170516151208j:plain

そして、デザインも今までにないものになっています。リキッドサーフェイスという水のようにシームレスなデザインとカラーになっており、一つのカラーでもいろいろなカラーに見えます。

f:id:itokoichi:20170516161408j:plain

f:id:itokoichi:20170516161401j:plain

 

個人的にうれしいのが、防水とノイズキャンセリング。ノイズキャンセリングヘッドフォンはUSBタイプCで、標準搭載。試聴したところ、非常に良い音質で、さらにノイズキャンセリングはモードをユーザーに合わせて設定ができます。音楽を楽しむのに良い機能です。

f:id:itokoichi:20170516164105j:plain

内容盛り沢山のHTC U11は、HTC20周年にふさわしいクオリティの端末になっていました。
発表会を終えたHTCチャーリンチャン氏と記念撮影もさせていただきました。

f:id:itokoichi:20170516155526j:plain

発売が楽しみな端末です。

 

【工場内部写真追加】HTC工場にてHTC製品の開発の裏側を直接体験 #HTCグローバルレポーター

f:id:itokoichi:20170510104629j:plain

※工場内部写真をHTCさんにご提供いただきました。写真を追記します。(2017年5月22日)

f:id:itokoichi:20170515150422j:plain

HTCグローバルレポーターとして、台湾に来ています。今回の様々な企画が用意されているのですが、その中の一つに工場見学があります。世界中にグローバルモデルとしてスマートフォンをリリースしているHTCの工場が見学できる、という貴重な体験です。HTCとしても、工場を公開したことがないそうで、今回初めての試みとのこと。

f:id:itokoichi:20170405131457j:plain

工場内、ラボ内は撮影禁止のため、テキストにてご紹介します。

 

まずは、工場を見学しました。基盤の製作過程では、機械と人のダブルチェックにより、基盤のコンポーネントを行っていました。

f:id:itokoichi:20170510102137j:plain

f:id:itokoichi:20170510102123j:plain

厳しいテストを繰り返し、完成したパーツは、アッセンブリへと送られます。10名ほどのオペレーターが一人3工程ほどの流れ作業で、くみ上げられていきます。そして、動作テスト(タッチ、USB、センサー、オーディオ、スピーカー、GPS、WiFi、カメラなど)をパスした端末は、ファイナルにて、人の手により感触などチェックし、リフレッシュされてIMEIの割り当てが行われ、パッキングされます。

f:id:itokoichi:20170510105610j:plain

さらに、パッキンされた製品の中から10%を抽出してユーザーテストを行います。これはエンドユーザーの使い方を想定したテストとなっており、ファイナルチェックにて傷のチェックをしてパッキングされていきます。一つの製品が出来上がるまで、これだけのラインを通して作られるんですね。機械化されている部分も多くありますが、想像していたよりも人手がかかっており、熟練したオペレーターの技術により製品が作られていることを実感できました。製品企画が固まってから、工場のラインを作るまでに6か月かかるそうです。そして、その後2か月で販売にもっていくそうです。工場のラインは製品のクオリティがかかっていますので、大変な作業ですね。


続いて、HTCの研究開発センターにて、「HTCデザインスタジオ」を見学しました。

f:id:itokoichi:20170511115116j:plain

台湾にて50名のデザイナー、サンフランシスコに30名のデザイナーがいるそうです。現在のデザインや技術を元に、未来のデザインを、UX、UIの専門家と共に、グローバルなデザインを作っているそうです。

f:id:itokoichi:20170511123119j:plain

今回のHTC U11のリキッドサーフェイスは、水の美しさとシームレスな曲面、ガラスの反射など、新しいデザインになっています。

f:id:itokoichi:20170514094834j:plain

f:id:itokoichi:20170514100052j:plain


続いて、オーディオラボを見学しました。

 

f:id:itokoichi:20170510175330j:plain

内蔵されているスピーカーの音質や音響パフォーマンスのテストをしたり、「エコールーム」と呼ばれる反響のない部屋にて、スマホのあらゆる持ち方を研究しながら、通話時のマイクやスピーカーのテストを行います。

f:id:itokoichi:20170510172021j:plain

また「リスニングルーム」では、部屋に設置されたサラウンドスピーカーシステムにより、車の中やオフィスなどのノイズを再現して、通話テストを行います。

f:id:itokoichi:20170510172114j:plain

f:id:itokoichi:20170510172011j:plain


オプティカルラボでは、カメラの機能のテスト行います。

f:id:itokoichi:20170510184853j:plain

暗い場所のノイズテスト、ホワイトバランステスト、手ぶれ補正テストなど、カメラ性能に必要なテストを行います。


いろいろな研究の成果が、製品に詰め込まれているんですね。開発者の方の熱意に触れられた貴重な体験でした。

工場入り口で記念撮影。

f:id:itokoichi:20170515150626j:plain

取材で参加されていた山根博士を撮影。

f:id:itokoichi:20170515150606j:plain

帰り際にHTCの傘を発見して興奮する山根博士。

f:id:itokoichi:20170515155146j:plain

f:id:itokoichi:20170515155157j:plain

HTCのスタッフのみなさんと、日本から取材のプレスのみなさんで、和やかな雰囲気で取材は進みました。

今回の企画は、HTCサポーターズクラブの企画です。様々な企画が用意されていますので、是非ご参加ください。

 

HTC新製品発表会に向けて世界中のプレスが台湾に集結。二日目レポート #HTCグローバルレポーター

HTC サポーターズ として、グローバルレポーター企画に参加しています。今回、HTC新製品発表会への参加ということで、HTCさんに台湾に招待していただいています。この新製品発表会には、世界中からプレスが集まっており、発表会の前日に、工場見学ツアーとウェルカムディナーが行われました。工場見学ツアーのことは、また後日レポートするとして、ウェルカムディナーのレポートです。 

DSC09341

今回のプレスは、170名が参加しているそうです。パーティも凄い規模です。丸テーブルが何と24卓。

DSC09343

 

HTCスマートフォンのトップのチャーリン・チャン氏の乾杯の挨拶でディナースタート。

DSC09351

日本人チームのメニューは中華のフルコースでした。実は、各国によってメニューを替えているそうです。それぞれの国の事情がありますので、このようなワールドワイドのディナーのメニューには苦心されたそうです。

DSC09345

DSC09354

DSC09356

DSC09360

DSC09362

DSC09364

DSC09366

DSC09368

DSC09370

腹ごしらえをしつつ、HTCの方と、今までのHTC端末の裏話を沢山お聞きできて、有意義な時間を過ごすことができました。明日の発表会が楽しみです。

今回の企画は、HTCサポーターズクラブの企画です。様々な企画が用意されていますので、是非ご参加ください。

form.ambassador.jp

 

HTC本社のある台湾にてHTCの魅力を感じた初日レポート #HTCグローバルレポーター

HTC サポーターズ として、グローバルレポーター企画に参加しています。本日、台湾に到着しました。

f:id:itokoichi:20170514152227j:plain

台湾では、様々なHTCイベントに参加予定です。HTCお膝元の台湾で、HTCスマートフォンの魅力をレポートしたいと思います。

本日は、到着後、フリーとなったため、他のグローバルレポーターの皆さんと、台北市内のHTCに触れてみました。

まず、台湾の秋葉原と言われる光華商場の隣りの「三創生活園区(SYNTREND)」の1階に入っているHTCショップです。こちらには、HTC端末が沢山展示しており、日本未発売の端末に触れることができ、貴重な体験ができました。また、HTCオリジナルグッズも多数販売しており、一緒に訪れたレポーターの方が貴重なグッズを購入していました。

DSC09113

そして、台湾在住の方のブログを参考に、HTCカフェに行ってみました。

htc.hatenablog.com

光華商場のすぐ裏手にありました。

f:id:itokoichi:20170514183505j:plain

ところが何と、製品の展示やカフェの営業をやっていませんでした。

f:id:itokoichi:20170514183604j:plain

看板を見ると、現在、内装工事中とのこと。5月16日から営業再開ということですので、きっとアレですね。とても楽しみです。

f:id:itokoichi:20170514183803j:plain

ということで、街中でHTC体験をして、ホテルに戻ると、ウェルカムフルーツの脇に、HTCチョコがありました。心遣い嬉しいですね。

DSC09179

HTCスマートフォン&コネクテッドデバイスプレジデント、チャーリーチャンさんからお手紙が届いていました。丁寧なお手紙をいただき、恐縮してしまいました。

DSC09181

今回、4日間に渡るイベントとなります。楽しくレポートしたいと思います。今回の企画は、HTCサポーターズクラブの企画です。様々な企画が用意されていますので、是非ご参加ください。

form.ambassador.jp

DSDSではないMADOSMA Q601に2枚のSIMを挿してみた【Windows Phone応援レポート258】

マウスコンピューターのWindows 10 Moibileスマートフォン「MADOSMA Q601」を使っています。

 

 

デュアルSIMではありましが。残念ながら、ディアルSIMデュアルスタンバイには非対応。片方のSIMをLTE/3Gにてオンすると、片方がGSMになってしまうため、日本では2枚同時に利用はできません。それでも、試しに2枚入れてみました。

f:id:itokoichi:20170513192130p:plain

SIM1の4Gをオンにすると、SIM2が2Gのみになってしまい、電波は掴みません。

f:id:itokoichi:20170513192135p:plain

まあ、仕方ないですね。海外では、例えば、現地SIMにて4G/LTE通信を行い、日本SIMにてGSMにて電話の待ち受け、という使い方はできますので、海外で活用しようと思います。

タイAISプリペイドSIMを台湾で利用予定・日本でローミングテスト

台湾渡航に向けて、現地での通信手段の確保をしました。
現在使っている格安SIMのNifMoが海外ローミングに対応していないため、現地SIMの入手が必須です。空港などで入手する時間がない可能性があり、日本で入手してみました。
入手したのは、タイのAISのプリペイドSIMカード。【AIS】韓国 8日間3GBまで高速通信のプリペイド・データ通信SIMカード。

 

 


台湾に行くのに、何故、タイのSIM?という疑問もありますが、このプリペイドSIMは、以下のような特徴があります。

 

使用開始から8日間有効で、通信使用量が3GBまでは4G(LTE)あるいは3Gの通信速度でインターネット接続します。3GBの通信量をオーバーしても128kbpsで接続できます。
日本だけでなく、韓国・台湾・シンガポール・オーストラリア・インド・ラオス・香港・マレーシア・マカオ・フィリピン・カンボジア・ミャンマー・ネパールで利用できます。合計14もの国・地域をカバーするので、アジア諸国やオーストラリアを周遊する旅行者にはとても便利なプリペイドSIMカードです(※注意1)。 日本ではソフトバンク回線を利用します(Softbank LTE Band : B1,B3,B8,B28 )。

 

各国で利用ができるプリペイドSIMなんですね。
アマゾンで購入してみました。

f:id:itokoichi:20170511092510j:plain

代理店による日本語マニュアルが付属しており、現地SIMとして非常に珍しいです。現地SIMの開通は、その国毎に違うことがありますので、マニュアルは安心です。

f:id:itokoichi:20170511092706j:plain

f:id:itokoichi:20170511092628j:plain

 

しかも、このSIMは、日本でローミングできますので、まず日本で開通してから現地に持ち込むということができます。SIMロック解除済iPhone 6sに、日本で挿してみたところ、すぐにキャリアアップデートが来て、ソフトバンク回線を掴みました。

f:id:itokoichi:20170513191748p:plain

f:id:itokoichi:20170513191749p:plain

iPhone 6sのローミングをオンしたら、ネット接続が可能になりました。タイのSIMで、日本国内でローミング、というのも不思議な感覚です。アマゾンでは3GBまで高速通信というアナウンスでしたが、SMSでは4GBまで高速通信と通知が来ました。

f:id:itokoichi:20170513191751p:plain

f:id:itokoichi:20170513191754p:plain

f:id:itokoichi:20170513191755p:plain

通信速度は下りが残念ながら遅め(ダウンロード0.6Mbps、アップロード4MBps)ですが、日本で利用する目的ではないので、台湾にて、改めてSpeedTestをしてみます。

f:id:itokoichi:20170513191756p:plain

 

13年ぶりに台湾へ #HTCグローバルレポーター

http://itokoichi.com/photo/20041106/24.JPG

この写真は、2004年に台湾にモバイル旅行したときの写真です。今は立派なビルになった光華商場の昔の写真です。その時のブログの記事はこちらです。当時は、まだスマートフォンが日本にはなかったのですが、台湾で使われているスマートフォンをPDA代わりに使ったりしていました。台湾のモバイル端末を探す楽しい旅でした。

d.hatena.ne.jp

d.hatena.ne.jp

 

ということで、13年ぶりに台湾に行くことになりました。HTCグローバルレポーターという企画です。当時とは全く違ったモバイル環境だと思いますので、楽しみです。

 

ambassador.jp

5月14日(日) 昼:空港出発予定
5月14日(日) 夜:台湾到着 ディナー
5月15日(月) HTC工場見学ツアー
5月16日(火) HTC 新製品発表会参加
5月17日(水) HTC本社訪問後、帰国

 

HTC端末は、Windows Mobile時代に沢山使っていました。X04HT、X03HT、EMONSTER、X02HT、X01HTなどです。Androidではレアな端末ばかり使っており、特にHTC chacha、HT-01Aがお気に入りでした。

今回のHTCグローバルレポーター企画で、どんなHTC端末に出会えるか、楽しみです。ネット環境が確保できそうでしたら、なるべく台湾から情報発信をしていこうと思っていますので、お楽しみに。

こちらはご一緒する方です。よろしくお願いします。

www.dream-seed.com

 

www.foxism.jp

saya.s145.xrea.com

MADOSMA Q601を15210.0にアップデート【Windows Phone応援レポート257】

マウスコンピューターのWindows 10 Mobileスマートフォン「MADOSMA Q601」を使っています。

 

Windows Insiderに15210.0のアップデートが来ていましたので、適用しました。

f:id:itokoichi:20170510054538p:plain

適用したところ、エラーが表示されました。

f:id:itokoichi:20170510054542p:plain

結果的には、手動で再起動したら、アップデートは適用されていたようです。

f:id:itokoichi:20170510054543p:plain

 こちらを参照すると小さな修正のようです。

Windows 10 Mobile Insider Preview 15210.0 公開開始od10z.wordpress.com

しばらく、こちらのバージョンで運用してみます。

 

マイクロソフトの4度目の正直、Surface Phoneに期待して良い?

f:id:itokoichi:20100131224559j:plain

いきなりちょっと懐かしい写真から。Windows Mobileを搭載した歴代のW-ZERO3です。

マイクロソフトのSurface Phoneの噂が出ています。

smhn.info

news.livedoor.com

マイクソフトのスマートフォンと言えば、PDAのOSから進化したWindows Mobile、タイルスタイルでリニューアルしたWindows Phone、Windows 10ファミリーとしてさらにリニューアルしたWindows 10 Mobileと、3世代に渡って愛用してきましたが、どのOSも成功というところまで行かずに終わってしまいました(Windows 10 Mobileはまだ現役ですが)。

Windows Mobileは、PDAに電話機能を搭載してほしい、というモバイルユーザーの一つの夢が実現した良い端末だったのですが、iPhoneやAndroidのアプリマーケットのエコシステムに対抗できずに、コンシューマー向けにはニッチな存在で終わってしまいました。

そして、Windows Phoneは、ハブという新しい概念により、シームレスに情報を扱えて、タイルスタイルという新しいスタート画面を開発し、そのコンセプトが後のWindows 8のスタート画面へ発展する、という大いなるコンセプトマシンでした。ただ、ハブシステムのシームレスの幅の狭さ(FacebookとTwitterとLindInくらいしか使かえない)、ストアアプリの貧弱さにより、iPhoneとAndroidの牙城を崩すことなく、さらに、NOKIAのLumiaシリーズを買収により、マイクソフト本隊が端末をリリースすることで、他のWindows Phoneを根絶やしにしてしまう、という悪い方向に行ってしまいました。Surfaceのように他のメーカーと共存ができませんでした。

そして、Windows 10 Mobileは、PC用のWindows 10のリリースに合わせて、Windows 10ファミリーであることを大きく打ち出して、勝負をかけてきました。日本市場に限って言えば、Windowsのエコシステムに乗れる可能性があり、法人向け端末が続々とリリースされる、という珍しい現象は起きましたが、法人向けでも、今一つの印象で、コンシューマー向けは、全く市場が広がらず、という結果に終わっています。

そして、いよいよSurface Phoneの登場です。個人的には、使い勝手が制限されるWindows 10 Mobileより、フル機能のWindows 10が動くスマートフォンが出てくれた方が、まだ使い道があるかなあ、と思っていますので、とても期待しています。古い話で恐縮ですが、PDAを使っていた1994年頃は、HP200LXという端末で、独自にDOSを日本語化したDOS/Cにて、DOS/Vソフトである通信ソフトのKTXやエディターVZ Editor、日本語インプットメソッドKATANAなどを移植して便利に使っていました。モバイル端末で、パソコンソフトが動く便利さは、20年以上前に体験していますので、是非その夢をもう一度、と期待しています。

iPhoneやAndroidとは違った魅力のある端末として、Surface Phoneが出てほしい、と、マイクロソフトの4度目の正直に期待しています。

 

【スポンサーリンク】