【PRO TREK Smart】Android WearだけどiPhoneと連携を試してみる #プロトレックスマート #アウトドアアンバサダー

アウトドアアンバサダーの企画でカシオのスマートアウトドアウォッチPRO TREK Smart WSD-F20をお借りしています。アウトドア機能に特化したスマートウォッチで、オフライン地図、内蔵GPSにより、アクティビティに便利に使えるウェアラブルです。 

Google製スマートウォッチOSのAndroid Wear 2.0を搭載しており、Androidと連携することで利用することが前提ではありますが、iPhoneでも利用が可能です。iPhoneで利用する際に注意する点としては、アプリや地図などのデータダウンロードやアップロードの際に、無線LANに接続する必要がある点です。Androidで利用する場合は、スマホとのペアリングだけで利用ができますが、iPhoneの場合は無線LANの利用が必要です。


それでは、PRO TREKをリセットして、iPhone SEにAnroid Wearをインストールして、ペアリングを行ってみました。

f:id:itokoichi:20170701191434j:plain

f:id:itokoichi:20170701192111p:plain

f:id:itokoichi:20170701191435j:plain

途中で、Googleのアカウント設定を行います。Androidと手間はそれほど変わらずにペアリングができました。

f:id:itokoichi:20170701191436j:plain

f:id:itokoichi:20170701191438j:plain

内蔵アプリのアップデートの通知がきました。このアップデートを適用しないと、オフライン地図の利用ができませんので、適用します。

f:id:itokoichi:20170701191440j:plain

適用には、スマートフォンのテザリングによる無線LAN接続を行いました。

f:id:itokoichi:20170701191439j:plain

PRO TREKに無線LANのパスワードを設定する際には、「スマートフォンで入力する」を選択すると、iPhone SEで入力できるので便利です。

f:id:itokoichi:20170701191441j:plain

同期も完了し、通知やカレンダーのデータの参照もできました。

アクティビティのトレッキングも試してみました。トレッキング後、データをGoogleドライブの送信する際には、無線LANに接続します。Googleドライブにアップロード後、iPhone SEのGooleドライブアプリからデータを参照して、Google Earthにエクスポートして表示ができました。

f:id:itokoichi:20170701192137p:plain

f:id:itokoichi:20170701192124p:plain

無線LAN接続という手間が増えますが、Androidと同じように利用ができました。その他の相違点としては、アプリのインストール方法でしょうか。Androidスマートフォンの場合は、スマホにインストール済のアプリは一覧表示ができて、簡単にPORO TREKにインストールができました。iPhoneの場合は、PRO TREKの端末からGoogle Playを起動して、アプリを検索して、インストールするのかな?PRO TREKとiPhone SEを連携させて、しばらく使ってみます。

 

 

【スポンサーリンク】