【TECHART LM-EA7】絞りがコマンドになるギミックが楽しいAFマウントアダプター

ライカマウントレンズをソニーα7IIにてAFで利用できるTECHART LM-EA7を使っています。

f:id:itokoichi:20170803223648j:plain

このマウントアダプターはユニークな機能があります。α7IIを絞り優先にして、絞り値によりコマンドを送ることができます。

例えば、F40まで絞って空シャッターをして、MFに切り替えると、ヘリコイド4.5mmが出た状態になり、MFでマクロ撮影が可能になります。なお、MF切り替えは、通常のメニューからできないため、AF/MFボタンにMF機能を割り当てておきます。

また、F25まで絞って空シャッターを押すと、焦点距離を50mmでEXIFに記録できます。F29が90mm、F22が35mmとのこと。

絞り値で空シャッターによる操作を行うという発想が面白いですね。

このあたりの解説は、沢村徹さんのマウントアダプター解体新書に詳しく紹介されています。

マウントアダプター解体新書 (玄光社MOOK)

マウントアダプター解体新書 (玄光社MOOK)

 

 

 

 

【スポンサーリンク】