Apple Watch Series 3はキャリア端末のおまけに成り下がったのか?

f:id:itokoichi:20170913144501p:plain

Apple Watch Series 3が発表になりました。待望のLTE通信内蔵です。スマートウォッチを始めとするウェアラブルは、スマートフォンとの同期が前提となっており、単体では活用できない点が、デメリットになっています。これが、直接通信ができ、クラウド接続できるようになると、一気に世界が広がります。

しかしながら、今回のApple Watch Series 3のLTE内蔵のCellular版に関しては、iPhoneの通信キャリア契約が必須となり、そのiPhoneと同じ電話番号を使う、というスタイルの模様です。Apple Watch Series 3は、通信キャリア版iPhoneのおまけ端末になってしまったのでしょうか。

今回Apple Watch Series 3に内蔵されるeSIMは、このような使い方ではないはずです。SIMカードの主導権を通信キャリアからアップルが奪い、SIMカード交換や発行手数料などという原始的な方法はやめて、eSIMの内蔵されているiPhone上で、好きな通信会社やMVNOサービスを選択できる、という未来をアップルは狙っているはずです。

まずは、その未来に向けた施策としてのApple Watch Series 3と信じたいです。そうじゃないと、本当にキャリア版iPhoneのおまけ端末になってしまいますので。今回のコピー、「自由が呼んでいる。」をユーザーとしては信じたいですね。

www.apple.com

 

【スポンサーリンク】