【Galaxy Note 8】6.3インチの広大なディスプレイをさらに広く使う方法

Galaxy Note 8は6.3インチの縦長ディスプレイを搭載しています。縦長のメリットとしては、WEBやSNSでの情報量の表示が多くなり見やすくなります。

Galaxy Note 8の縦長ディスプレイのメリットを生かすために、もっと縦長に使う方法をお勧めします。方法は、ナビゲーションバーの表示をオフにすること。ナビゲーションバーの部分まで、情報表示が可能になります。

ナビゲーションバーがある場合(左)、ない場合(右)の表示例。下段一行の文字が表示されるか、されないか、ぐらいですが、これでストレスが軽減されます。

f:id:itokoichi:20171114144201j:plainf:id:itokoichi:20171114144210j:plain

ナビゲーションバーの非表示は、設定にて、ナビゲーションバーの左をダブルタップで非常にできるように設定します。なお、ナビゲーションバーは下からスワイプで復帰します。

f:id:itokoichi:20171114144404j:plain

ナビゲーションバーが非表示の場合の操作方法ですが、アプリ「戻るボタン」を導入することで、フローティングのナビゲーションバーを画面に自由に設置できます。

play.google.com

私は、画面の右わきに置いて、右手親指で操作しやすくしています。

戻るボタンの設定画面と、戻る画面を画面右に設置した例。

f:id:itokoichi:20171114144348j:plainf:id:itokoichi:20171114144355j:plain

6.3インチの広大なディスプレイをさらに広く使うことで、視認性があがりますのでお勧めです。

 

 

【スポンサーリンク】