【ワイヤレスノイキャンWF-1000X】イヤーピースが7種類も同梱。交換して落下対策してみた

ソニーのワイヤレスノイキャンWF-1000Xを使っています。左右独立型のワイヤレスヘッドフォンでノイズキャンセル機能が付いています。音質も良く、ノイズキャンセル機能で使いやすいのですが、私の場合、標準のイヤーピースだと右耳が外れやすいようです。どうもカナル式のヘッドフォンが苦手で、耳の穴のサイズを合わせるが大変だったりします。

WF-1000Xには、そういったユーザー向けにイヤーピースが何と7種類も付属しています。

WF-1000X | ヘルプガイド | イヤーピースを交換する

その中で、ハイブリッドイヤーピースロングのSSサイズを試してみました。

f:id:itokoichi:20180105194300j:plain

初期状態で付いているのが、右端のMサイズ(緑)です。それをSSサイズ(赤)に変えてみました。耳の奥まで入るので、落下しずらくなったようです。そして、耳の奥まで入れた方が低音が聴こえるようになりました。

f:id:itokoichi:20180105194252j:plain

私の耳の形では、右が落ちやすいので、右がSSサイズ(赤)、左がSサイズ(オレンジ)とサイズを替えて使った方がよいのかもしれません。いろいろ試してみます。

 

 

 

【スポンサーリンク】