【LUMIX GX7】必須周辺機器、アイカップ、保護シート、バッテリーを揃えてみた

2013年に発売されたマイクロフォーサーズのミラーレスカメラLUMIX GX7を使い始めました。スペックは古いのですが、オールドレンズのベースボディとして活用します。

中古カメラではありますが、周辺機器を揃えてみました。GX7を活用する上で必須の3つのグッズです。

中古カメラは周辺機器の入手が難しい場合がありますので、純正品の在庫があるうちに入手しておきたいですね。

まずはアイカップ。ファインダー内蔵のGX7ですが、アイカップが浅く、目でもホールドする癖があるため、目が痛くなってしまいます。深いアイカップを付けることで、目に当たる感触も良くなり、遮光性も上がります。標準で付けてほしい周辺機器ですね。

20180113_174117

Panasonic アイカップ ルミックス DMW-EC1

Panasonic アイカップ ルミックス DMW-EC1

 

 続いて液晶保護シート。カメラで意外に傷つきやすいのが、ディスプレイ。保護シートは必須です。視認性やタッチ操作は変わらずに利用できています。

2018-01-11_09-56-54

 そして、予備バッテリー。GX7はバッテリー消費が大きいようで、一日持ちません。予備バッテリーは必須です。ただ、純正は5000円以上して高いのでサードパーティ製にしてみました。純正は300枚ほど、サードパーティは200枚ほどの撮影可能枚数というのが定番のようです。

 

2018-01-14_09-47-42

 

 これで撮影環境は整いました。活用したいと思います。

 

 

Panasonic デジタル一眼カメラ ルミックス GX7 ボディ ブラック DMC-GX7-K

Panasonic デジタル一眼カメラ ルミックス GX7 ボディ ブラック DMC-GX7-K

 

 

【スポンサーリンク】