【WF-1000X】稼働時間の短さはマメに充電でカバーが吉

2018-01-23_09-14-15

ワイヤレスノイキャンWF-1000Xを使っています。今までAirPodsを使っていたせいか、稼働時間の短さが気になります。カタログ値で3時間。実質2時間ほど。AirPodsが5時間ほど持つことを考えると、非常に短いです。デスクワークで連続作業をする際に、2時間ほどでバッテリーが切れて、我に返る、というメリットはありますが。

このバッテリー切れを防ぐ方法としては、マメに充電すること。これしかありません。1時間聴いたら、10分充電。これで結構持つようになります。

フル充電に90分かかりますので、10分程度では、焼石に水のような気もしますが、2時間連続で聴いて、バッテリー切れよりマシです。

WF-1000Xはスマホアプリでバッテリー残が確認できますので、減ってきたなあ、と思ったら、10分充電。そんな感じでも良いかもしれません。連続で使いたいときは、マメに充電、で凌ごうと思います。

 

 

【スポンサーリンク】