【香港弾丸旅行・飛行機ホテル編】LCC格安航空券と格安ホテルの一泊四日の貧乏弾丸旅行ですが、時間はリッチに活用【※追記あり】

f:id:itokoichi:20180128201930j:plain

香港に行くことにしました。格安航空券と格安ホテルの貧乏旅行ですが、滞在時間を増やして時間を贅沢に使う一泊四日の弾丸旅行にしました。深夜便を往復利用することで、木曜深夜発、日曜早朝帰りの正味二日間しかありませんが、現地に40時間以上滞在できます。

飛行機はLCCの香港エクスプレスを利用しました。予定としては、23時50分羽田発で午前4時に香港着。ホテルに一泊して、翌日23時50分香港発で午前4時に羽田着となります。

深夜発のため、仕事の後、フライトまでの時間を潰すのに、蒲田のサウナを使ってみました。京急蒲田から羽田国際線ターミナルは10分弱なので、便利な場所です。

f:id:itokoichi:20180128202209j:plain

 それでも飛行場に早めに着いたので、税関を抜けて、搭乗口の手間のフードコートで時間潰し。ここは、一人席に電源あり、便利です。お薦めです。

f:id:itokoichi:20180128202337j:plain

f:id:itokoichi:20180128202354j:plain

香港エクスプレスはオンライン予約ができ、チェックインもアプリでできるので便利です。チェックインしておけば、アプリのQRコードで、搭乗できます。チェックインの時間が節約できるのが便利ですね。

f:id:itokoichi:20180128201949j:plain

LCCなので、時期をうまく選べば、往復2万円くらいで行けます。手荷物を預けなければ、節約になりますので、リュック一つで行くことにしました。もちろん「かわるビジネスリュック」です。

弾丸旅行は、エコノミーの狭い席で、いかに効率的に寝るかが、勝負です。私は、搭乗したらすぐにアイマスクとエア枕で寝てしまいます。ドリンクもフードもないLCCなので、正味4時間程度のフライトを全て睡眠に充てるようにしています。

f:id:itokoichi:20180128202419j:plain

現地には午前4時に着いてしまいますが、電車が動くのが5時50分。時間があるので、両替などで時間潰し。両替所は午前5時から開店と聞いていたのですが、午前4時30分くらいでも空いていました。両替所ではSIMカードも売っていました。空港の携帯ショップが開いていない時間は、ここで買えますね。

f:id:itokoichi:20180128213157j:plain

前回は、マクドナルドで時間を潰したのですが、今回は、マクドナルドが午前4時で大行列。仕方なく、セブンイレブンにてパンを買って、ベンチで朝食を済ませました。

f:id:itokoichi:20180128213521j:plain

セブンイレブンでは、電子マネーのオクトパスカードをチャージ。オクトパスカードは一枚持っていれば、ずっと使えるので便利です。香港市内の支払いは、ほとんどこれでできます。チャージも駅やセブンイレブンにて行えます。小銭が出ないのが良いですね。このオクトパスカードを香港で使って便利なので、国内の買い物でもSuicaを多用するようになりました。

専用アプリがあり、NFCで残高と利用履歴を確認できます。香港は地下鉄が便利なので、電車乗り降りで、オクトパスカードは必須です。

f:id:itokoichi:20180128213447j:plain

 市内までは、電車で20分ほど。朝6時30分くらいから、観光ができます。

f:id:itokoichi:20180128213749j:plain

f:id:itokoichi:20180128213725j:plain

ホテルは、エクスペディアでオンライン予約。前回使ったチョンキンマンションのホテルを利用することにしました。安いのですが、とにかく凄い場所です。マンション内に何十というホテルが点在する建物です。香港在住の方も近寄らない建物ですが、前回、何とかなったので、また使ってみました。相部屋なら一泊2000円くらいですが、さすがに怖いので、個室を選択。それでも5000円くらいです。ほぼベッドだけで部屋のスペースはありません。シャワーのお湯は5分程度でぬるくなります。

f:id:itokoichi:20180128202806j:plain

f:id:itokoichi:20180128202821j:plain

チョンキンマンション内はダンジョンになっており、エレベーターをうまく選ばないとホテルに到着できません。

f:id:itokoichi:20180128202750j:plain

たとえば、D棟の10階のホテルに行くには、D棟専用エレベーターを使う必要があります。このD棟専用エレベーターを前回探せずに苦労してしまいました。しかも偶数階に行くエレベーターに乗る必要があります。なかなか難易度が高いです。チェックインに関しては、日本語を話せるスタッフの方がいたのでスムーズでした。日本に在住していたスタッフがおり、こういうホテルで日本語が使えるのは珍しいです。ただ、チェックイン時間の13時になっても、掃除が終わってないため部屋には入れず、1時間後に来てくれ、と言われてしまいました。

飛行機と宿の確保は無事にできましたので、あとは滞在中の観光です。モバイルとカメラを駆使して、二日間を過ごしました。その話は別エントリーにて。

※追記

羽田国際線ターミナルの手荷物一時預かりで追記です。

冬場の旅行で、行く先が暖かい場合、コートが荷物になってしまう、という問題があります。今回、LCCのため、なるべく手荷物を減らしたいところです。そこで、コートを手荷物一時預かりに預けることにしました。一日数百円なので、数日の旅行であれば、預けるのが良いかと思います。帰国時にも、コートを着ることができますので。

ただ、今回は、手荷物一時預かりにて、荷物が一杯という事態が発生しました。預かりを中止しています、との表示が出ていました。窓口に相談したところ、出発フロアのロッカーが数点空いているとのこと。急いで行って、ロッカーを確保しました。場所は、出発口の横のトイレのある場所です。

f:id:itokoichi:20180130213500j:plain

f:id:itokoichi:20180130213506j:plain


一日300円で、1週間まで預けられるそうです。手荷物預かりが満杯という事態を今後は想定した方がよいですね。

f:id:itokoichi:20180130213512j:plain

 

【スポンサーリンク】