【香港弾丸旅行・モバイル編】現地SIMと国際ローミングで快適ネット生活

一泊四日の香港弾丸旅行に行ってきました。旅行中も仕事をする必要があったため、ネット環境は必須です。念のため、複数の通信環境を用意しました。

まず現地SIM。現地で購入を考えましたが、弾丸旅行で現地着が午前4時のため、SIMの購入が困難な場合を考えて、日本で事前に購入しておくことにしました。

アマゾンにて香港4日間利用できるプリペイドSIM。一日1GBの制限がありますので、大量のデータ通信は控えて、通常のネットであれば大丈夫でしょう。こちらのSIMをSIMロック解除済のiPhone SEにて使います。開通してから4日間ということで、香港に早朝に到着してから、iPhone SEに挿入しました。挿入の前に、IIJmioの構成プロファイルを削除しました。格安SIMで運用していると、この構成プロファイルの削除を忘れて、現地SIMで通信できずに、はまることがあります。挿入してからしばらくするとSNSが飛んできて使えるようになりました。

f:id:itokoichi:20180203195727j:plain

f:id:itokoichi:20180203200224p:plain

f:id:itokoichi:20180203200426p:plain

 

 

China Mobile 4G・3Gデータ通信無制限 香港4日プリペイドSIM

China Mobile 4G・3Gデータ通信無制限 香港4日プリペイドSIM

 

 続いて、ソフトバンク版iPhone Xで国際ローミングです。一日2980円で国際ローミングが使えますが、注意が必要です。定額になる通信キャリアが限定されていることです。国際ローミングをオンにした際に、キャリアを自動接続ではなく、手動で定額で接続できる先を選択する必要があります。アプリが用意されているので、あらかじめアプリをインストールしておきました。

f:id:itokoichi:20180203200926j:plain

f:id:itokoichi:20180203200933j:plain

f:id:itokoichi:20180203200921j:plain

f:id:itokoichi:20180203200933j:plain

続いて、ドコモ版Galaxy Note 8です。ドコモの国際ローミングは、香港の通信キャリアの全てで定額対応していますので、自動接続で大丈夫です。注意点としては、一日980円の海外1dayパケに申しこんでしまうと、一日30Mbyteを超えると、超低速になってしまうことです。980円と格安ではありますが、ほぼネットは使い物になりません。海外1dayパケは解約して、普通の国際ローミング、海外パケ・ホーダイ、一日2980円を使いました。ローミングをオンにするだけで、電波を掴みました。3を掴んだのですが、高速通信で驚きました。

f:id:itokoichi:20180203202040j:plain

f:id:itokoichi:20180203201954j:plain

f:id:itokoichi:20180203202002j:plain

というわけで、スマホ3台の通信手段が確保できたため、GPD Pocketはテザリングにて快適にネットができました。また、海外ではGoogleマップが必須のため、スマートフォンでネットができると安心です。現地の方とは、現地SIMで通話ができたのですが、結局、Facebookのメッセンジャーのやりとりで済みました。香港はネット環境が良いので、安心感がありますね。

a7ii po3-3m

【スポンサーリンク】