【GPD Pocket】Bluetoothマウスが不安定なので、くるくるケーブル超小型マウスに変更

f:id:itokoichi:20180209171113j:plain

小型モバイルPCのGPD Pocketを使っています。画面タッチのできるWindows 10パソコンではあるのですが、画面が小さく、細かい部分のタッチ操作が難しくなっています。また、トラックポイントも搭載しているのですが、あまり実用的ではありません。

そこで、普段は、Bluetoothマウスを愛用しています。しかし、Bluetooth接続が不安定で、1時間くらい使っていると切れます。Bluetoothマウスの電源を入れなおすと使えるので、特に問題はないのですが、突然使えなくなるのが気持ち悪いです。GPD Pocketの問題なのか、マウス側の問題なのか不明です。

そこで、有線のモバイル用の小型マウスを利用することにしました。有線のメリットとしては、Surface 3やGPD Pocketを日によって使い分けているため、Bluetoothマウスのペアリング切り替えが不要になります。ただ、ケーブルがあることによる、モバイルの機動性は失うことになります。

f:id:itokoichi:20180209165815j:plain

今回入手した小型マウスがとてもユニークです。マウスの接続にUSBケーブルを使います。マウスにUSBケーブルが繋がっているのではなく、マウスにmicroUSBジャックがあり、一般的なUSBケーブルを使って、パソコンとマウスを接続するスタイルです。

f:id:itokoichi:20180209165808j:plain

付属しているUSBケーブルがくるくるタイプでコンパクトになります。またユニークなのが、パソコン側に接続する通常のUSBが、microUSBに変更することができます。つまり、microUSBなど搭載しているタブレットやスマートフォンにて、変換なしに使えるということですね。

f:id:itokoichi:20180209165802j:plain

しばらく、このマウスを使ってみようと思います。

f:id:itokoichi:20180209165822j:plain

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】