【CP+2018】ロシアシネレンズPO3-3Mを2本でイベント撮影を強行!【α7II, LUMIX GX7】

2018-03-03_02-46-12

CP+2018に行ってきました。新機種やイベントが満載のイベントのため、イベント撮影は必須です。毎年、持っていくカメラを悩むのですが、大体のパターンとして、APS-CサイズカメラにAF標準ズーム、フルサイズにAF85mm単焦点、もしくは、F4通しAFズーム、という組み合わせが多いです。物撮りは標準AFズームに任せて、イベントを中距離AFズームで撮るという感じです。

今回もいろいろ悩んだのですが、思い切って、マニュアルレンズで撮影することにしました。イベントでマニュアルレンズを使う、なんて効率が悪すぎて、普通は使わないのですが、ロシアシネレンズPO3-3Mが2本揃ったタイミングだったので、使ってみることにしました。2本をフルサイズのα7IIに装着すると50mm相当、マイクロフォーサーズのLUMIX GX7に装着すると100mm相当になるため、標準と中望遠という感じで使い分けられます。

CP+は人が多かったため、結果的にはLUMIX GX7とPO3-3Mの100mm相当の撮影が多くなっていました。GX7の撮影にまだ慣れていませんでしたが、今回の撮影で、相当鍛えられました。

という訳で、CP+2018のブログ記事中の写真も、ほとんどPO3-3Mで撮影したものです。一部、Galaxy Note 8で撮影しています。

blog.itokoichi.com

blog.itokoichi.com

blog.itokoichi.com

 

blog.itokoichi.com

 

イベント中の撮影例です。暗い会場のため、最初はF2開放で撮影したのですが、あまりにピントが浅いため、途中から少し絞るようにしました。

gx7 po3-3m

gx7 po3-3m

gx7 po3-3m

gx7 po3-3m


gx7 po3-3m

gx7 po3-3m

gx7 po3-3m

gx7 po3-3m

gx7 po3-3m

gx7 po3-3m

a7ii po3-3m

撮影は大変でしたが、PO3-3Mの描写の楽しさを満喫できました。2本のPO3-3Mを首から下げていると、知り合いの方から笑っていただけたので本望でした。また、こんな無茶な撮影をしてみたいですね。

【スポンサーリンク】