【GPD Pocket】Windows Updateでパケ死?恨むべきはマイクロソフトか?

WindowsモバイルノートGPD Pocketを使っています。ここのところ、頻繁にWindows Updateの通知が来ていましたが、実行に毎回失敗していました。まあ、よくあることかなあ、と思い、いつか成功するだろう、と考えていたところ、とんでもないことが発生しました。

普段、スマートフォンのデザリングでGPD Pocketを使っているのですが、スマートフォンのパケットが、月の上旬にもかかわらず上限に達してしまいました。月の始めで速度制限がかかるのは初めてなので、驚きました。

f:id:itokoichi:20180310152952j:plain

原因を探してみているうちに、Windows Updateのような気がしてきました。毎回ダウンロードをして、インストール失敗を繰り返しています。履歴がこちら。

f:id:itokoichi:20180310153603p:plain

どれくらいの容量かはわかりませんが、起動の度に、バックグラウンドでダウンロードとインストールをしていたようです。これではたまりませんね。

とりあえず、Windows Updateを止めようとしたのですが、どうも設定画面が見つかりません。結局、こちらのページを参考に、レジストリを書き換えることに。

togeonet.co.jp

テザリングではなく、Wifiが使えるシーンでアップデートをかけたいと思います。テザリングで、Windows Updateは要注意ですね。

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】