【iPhone速度規制問題】iOS 11.3で2年前に購入したiPhone SEのバッテリーの状態を調べてみた

iPhoneのバッテリーの状態で、端末速度を制限する問題が発生しています。劣化したバッテリーでiPhoneを使っていると、突然のシャットダウンなど起きてしまうようです。ただし、ユーザーに告知せずに速度制限をアップルがかけたため、海外では訴訟騒ぎになっています。

iOS 11.3がリリースされて、バッテリー状態を調べる機能と、速度制限をユーザーが解除できる機能が搭載されました。シャットダウンのリスクよりも、速度を優先したいユーザーは嬉しい機能ですね。また、自分のiPhoneのバッテリー状態もわかるので安心です。

2016年3月に購入して、購入後2年が経過したiPhone SEを使っています。速度制限のニュースを聞いてから、バッテリーの持ちが悪く、速度が遅い気がするのですが、どうでしょうか。

iPhone SEに、iOS 11.3を適用して、バッテリーの状態を調べてみました。

f:id:itokoichi:20180330222816p:plain

設定から、バッテリーにアクセスします。

f:id:itokoichi:20180330222821p:plain

バッテリーの状態は96%で良好なようで、速度制限はかかっていませんでした。

f:id:itokoichi:20180330222828p:plain

iPhoneSEが遅く感じていたのは、杞憂のようですね。

ただ、年内は、バッテリー交換プログラムが安いようなので、適用したいところです。

【スポンサーリンク】