【EOS 5Dとオールドレンズ】ニコンFマウントを使ってみる。ミラー干渉にドキドキ【NIKKOR-S Auto 55mm F1.2, GN NIKKOR 45mm F2.8】

EOS 5D NIKKOR-S Auto 55mm F1.2

EOS 5DをAFレンズにて1週間ほど使って慣れてきましたので、オールドレンズを使ってみようと思います。EOSでオールドレンズを使う上で、注意すべき点があります。ミラー干渉とマウント内部干渉です。マウント部分が浅いため、後玉やレンズガードなどが飛び出しているレンズは利用が不可になります。先人達は、レンズの後玉周辺を削ったり、ツワモノはEOSのミラーを削ったそうです。凄いですねえ。

ニコンFマウントを使ってみました。Fマウント-EFマウントアダプターを使います。なお、Fマウントレンズの中で、NOCTO NIKKORは干渉するようですが、他のレンズの情報がありません。一本一本試すしかないですね。

NIKKOR-S Auto 55mm F1.2を付けてみました。干渉せずに動きました。F1.2のピントは浅いですが、マグニファイヤーとフォーカシングスクリーンの交換で、思ったほど見づらくありません。

2018-03-31_06-46-54

EOS 5D NIKKOS-S 55mm F1.2

EOS 5D NIKKOS-S 55mm F1.2

EOS 5D NIKKOS-S 55mm F1.2

EOS 5D NIKKOR-S Auto 55mm F1.2

EOS 5D NIKKOR-S Auto 55mm F1.2

EOS 5D NIKKOS-S 55mm F1.2

続いて使ったのが、パンケーキレンズGN NIKKOR 45mm F2.8。このレンズは後玉周辺にレンズガードが飛び出ています。心配だったのですが、EOS 5Dに付けたところ、無事に使えました。こちらのレンズはF2.8ですが、ピント面は見えました。

20180402_092445

20180402_092422

eos 5d gn nikkor 45mm

eos 5d gn nikkor 45mm

eos 5d gn nikkor 45mm

 

eos 5d gn nikkor 45mm

eos 5d gn nikkor 45mm

【スポンサーリンク】