【iPhone速度規制問題】iPhone SEのバッテリー交換を申し込んでみた

iPhoneのバッテリー劣化による端末速度規制問題にに関して、iOS11.3よりiPhoneの「バッテリーの状態」をユーザーが調べられるようになりました。2年前に発売されたiPhone SEを調べてみたところ、96%で「ピークパフォーマンス状態」でした。

blog.itokoichi.com

f:id:itokoichi:20180418071546j:plain

速度規制はかかっていないものの、端末を使って2年が経過しており、多少のバッテリー劣化が見られます。今回の速度規制問題に絡んで、今年中のバッテリー交換が、通常8800円のところが3200円に割引になっていますので、交換を申し込んでみました。

アップルのホームページから申し込みます。

f:id:itokoichi:20180418080057p:plain

iPhone SEからiPhone Xまでは、金額は3200円となっています。

f:id:itokoichi:20180418080115p:plain

バッテリー交換は混んでいるようで、東京周辺のアップルストア、量販店の窓口はほぼ予約が一杯でした。ピンポイントでアップルストア表参道に、当日空きが一つだけあったので、申し込んでみました。

f:id:itokoichi:20180418080229p:plain

バッテリー交換で、今後も安定して使えるのであれば、実施しておきたいですね。交換後が楽しみです。

 

【スポンサーリンク】