【MediaPad M5 Pro】ペンが使える10インチタブレットは実用度十分

HUAWEIのタッチ&トライイベントで、モニター製品をお借りしています。

「MediaPad M5 Pro」は、約10.8インチのAndroidタブレットです。イベントでは、音の良さが強調されていました。

blog.itokoichi.com

もう一つの特徴として、M-PENが使えるところにあります。通常のタブレットでペンを使う場合は、デジタイザーが搭載されていないため、書き心地も悪く、非常用といった感じですが、専用ペンが使えるMediaPad M5 Proは、非常に良い書き心地になっています。4096段階の筆圧で詳細な表現も可能です。

写真で紹介します。約10.8インチ(高精細280 PPI、2Kディスプレイ)画像調整アルゴリズム ClariVuが、画像を最適化します。

f:id:itokoichi:20180529163037j:plain

ボタンとポート類。USB Type-Cでヘッドフォンポートはありませんが、USB TYpe-C変換ヘッドフォンジャックを同梱。

f:id:itokoichi:20180529163252j:plain

同梱されるM-PEN。4096段階の筆圧で紙のように書けます。また、ディスプレイに掌を載せても、誤認識しないので、書きやすいです。

f:id:itokoichi:20180529163403j:plain

 

f:id:itokoichi:20180529164252j:plain

Bluetoothキーボードを使ってみました。入力は快適です。

f:id:itokoichi:20180529163645j:plain

画面分割で作業もしやすくなります。

f:id:itokoichi:20180529163726j:plain

ホーム画面。HUAWEI独自のUIですが使いやすいです。

f:id:itokoichi:20180529163926j:plain

ペン入力や音質の良さに加えて、実用的に利用できるタブレットになっています。

 

 

 

【スポンサーリンク】