【レンズ沼215本目】憧れのアリフレックスマウントを遂に入手。Arriflex-Cinegon 10mm F1.8【α7II】

ロシアシネレンズを使っていますが、元のレンズのデッドコピーであることが多いです。その元祖でもあるシュナイダーのアリフレックスマウントのレンズを入手しました。Arriflex-Cinegon 10mm F1.8です。

いつかアリフレックスマウントを使ってみたいと思い、半年前に、アリフレックス-ライカMマウントアダプターを入手していたのですが、レンズを入手できずにいました。Arriflex-Cinegon 10mm F1.8で、このマウントアダプターを使ってみたところ、何と無限遠が出ず。仕方なく、ロシアシネレンズのコンバス用oct-18マウントの改造方法と同じように、M42-M52ステップアップリング、M52-M42ヘリコイドチューブ、M42-ソニーEマウント変換アダプターにて、α7IIにて使用しました。

イメージサークルは非常に狭く、APS-Cモードで丸くけられます。さらにデジタルズーム2倍にして、30mm相当にすると周辺はけられますが、良い感じでした。描写は、さすがシネレンズ、という感じで、中央の改造が凄いです。CマウントやDマウントのレンズとはワンランク上の解像度が楽しいですね。

なお、購入先は、恵比寿の大沢カメラ。大沢カメラはシネレンズが豊富なお店です。お店の方にお話をお伺いすると、シネレンズを扱うようになったのは15年ほど前に委託で沢山提供される方がいて、それをきっかけに購入や委託するユーザーが増え、大量のシネレンズを扱う店になったそうです。お店の方とシネレンズ談義に花が咲きました。

2018-06-07_08-54-46

A7ii arriflex-cinegon 10mm f1.8

A7ii arriflex-cinegon 10mm f1.8

A7ii arriflex-cinegon 10mm f1.8

A7ii arriflex-cinegon 10mm f1.8

A7ii arriflex-cinegon 10mm f1.8

A7ii arriflex-cinegon 10mm f1.8

A7ii arriflex-cinegon 10mm f1.8

A7ii arriflex-cinegon 10mm f1.8

A7ii cinegon 10mm

A7ii cinegon 10mm

A7ii cinegon 10mm

A7ii cinegon 10mm

【スポンサーリンク】