【セブ島ドローンツアー最終日】次々と起こるトラブルでも無事帰国

セブ島ドローンツアーの最終日です。

朝5時30分の飛行機で帰るため、最終日は何も書くことがないかな、と思っていたのですが、実はいろいろありました。

夜中にトイレを使おうとしたところ、水が出なくなってしまいました。ホテル全体でトラブルのようで、応急処置として、大量の水の入ったポリバケツが部屋に運ばれてきました。自分でトイレのタンクに水を給水して使え、とのこと。とりあえずトイレは使えるようになりました。まあ、安いツアーの安宿なので仕方ないですね。

そして朝5時30分の飛行機のため、ホテルのチェックアウトが午前3時と思い込んでいたところ、何と午前4時でした。1時間も早くフロントに行ってしまい、誰もいない事態に。国際空港のチェックインがこんなギリギリで良いのも驚きでした。小さい空港だから良いのかな。ただ7月1日よりセブマクタン国際空港も拡張されるようです。

さらに、チェックアウトの手続き中に部屋の鍵がないことに気が付きました。部屋中を探したものの見つからず。保証金300ペソを払うことになってしまいました。日本に帰ってから、シャツの胸ポケットに鍵が入っていることが発覚。早朝で寝ぼけていたようです。


f:id:itokoichi:20180625223553j:image

最後に珍道中になってしまいました。

セブはドローンの撮影ポイントが多数あり、非常に楽しい場所です。自分でドローンを入手したら、再訪してみたいですね。

セブ在住のバスターさんのおかげで、充実したドローンツアーになりました。大変お世話になりました。同行していただいた大浦タケシさんにも感謝です。

 

【スポンサーリンク】