【PRO TREK Smart】朗報!3日間バッテリーが持つ新モデルWSD-F30が2019年1月発売 #アウトドアアンバサダー #プロトレックスマート

アウトドアアンバサダーの企画でカシオのアウトドアスマートウォッチPRO TREK Smart WSD-F20を試用しています。日々の移動ログ取得で利用しており、ディスプレイをモノクロモードにしておくと、約一日半利用ができています。

このPRO TREK SmartのニューモデルWSD-F30が発表になりました。

f:id:itokoichi:20180830111834j:plain

リリースによりますと、エクステンドモードという機能が搭載され、最大3日間のアクティビティで利用ができるそうです。

オフラインのカラー地図と GPS 機能を長時間使える「エクステンドモード」を新たに搭載したことにより、一回の充電で最大3日間のアクティビティでも活用できるようになりました。
「エクステンドモード」では、通常はモノクロ画面で時刻・センサー情報を表示、ボタンを押すとカラー地図を表示します。
また、予め入力したスケジュールに沿って睡眠中は自動的に電力消費の小さいスタンバイ状態に切り替えるなどして消費電力を抑えます。
行動計画に沿った最適な電源管理により、泊まりがけの活動においても、オフライン地図上で現在地や軌跡の確認が可能です。

これはうれしい機能アップですね。泊りがけのアクティビティでも安心して利用ができます。

また、サイズダウンも実現したそうです。ちょっと大きめだったので、これもうれしいです。

実装の見直しにより、縦横ともに 3.9mm、厚さ 0.4mm のサイズダウンを実現。細身の腕にも似合うスマートなデザインに仕上げました。

モノクロ画面の常時表示を愛用しているのですが、この画面がバージョンアップするそうです。

スマートフォンとの通信とカラー液晶をオフにしてモノクロ画面で時刻情報のみを表示する好評の「タイムピースモード」が、「マルチタイムピースモード」として進化しました。
時刻情報に加え、高度・気圧などのセンサー情報も同時に表示しながら、「タイムピースモード」同様、約1ヶ月の電池寿命を実現。
電力消費を抑えながらもアウトドアで役立つ情報が一目で確認できます。

新モデルWSD-F30の発売が楽しみです。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】