【AD】プロジェクターの概念を超えた短焦点プロジェクターの4K描写力に驚き「BenQ 4KプロジェクターHT3550」  #AD #BenQアンバサダー

 レビューズモニター参加中

レビューズの企画で「BenQ 4KプロジェクターHT3550」を体験しています。

www.benq.com

DVD、ブルーレイ、ストリーミング動画など、年々動画の品質が良くなっています。特に、4K動画の出現で、綺麗な動画を手軽に観れるようになりました。こういう時代になってくると、大事なのが、4Kを再生する環境です。4K対応ディスプレイやテレビがリリースされていますが、4Kはなるべく大きな画面で見たくなりますので、実際に家庭に設置するのが大変です。

4K動画再生の機器として注目されているのが、4K対応プロジェクターです。プロジェクターというと、一昔前までは映像を拡大しているため、ディスプレイと比べると、描写が甘いというイメージがありました。しかし、プロジェクターが4K対応で大幅に進化しています。プロジェクターというより、映画館で映像を見ているようなリアルな解像度で楽しめる4K対応プロジェクターがリリースされています。

「BenQ 4KプロジェクターHT3550」は、まさに自宅に映画館のような動画を再生できる4K HDR対応プロジェクターになっています。

f:id:itokoichi:20190509142003j:plain

とてもコンパクトな筐体で、このサイズで4K HDR対応というのが信じられないサイズです。そして、4K HDR対応ということで、いろいろな機能が搭載されています。

 

f:id:itokoichi:20190509142028j:plain

特徴としては、レンズユニットとして短焦点を搭載していること。超高解像度の10素子レンズアレイとなっています。4Kに最適化されており、HT3550の描写力のベースとなっています。1.3倍の大型ズーム、垂直方向のレンズシフトにて、部屋のレイアウトに合わせて、投影が可能です。画面サイズの変化に関係なく自動的に焦点を合わせズームシステムを搭載しています。自動台形補正で、簡単にセットアップできます。

 

CinematicColorテクノロジーを搭載し、最適な色を利用して正確で高品質の画像となります。そして、スーパーワイドDCI-P3カラーライバルデジタルシネマにて、本物の映画のように再現します。BenQ カラーマッピング技術で、DCI-P3 4Kブルーレイムービーの色温度の偏りを修正し、リアルに描写します。カラー精度も特殊な機器で調整されており、ISFccc認定ビジュアルキャリブレーションで、環境に合わせて、設定が可能です。

HDR-PROテクノロジーは、強化されたトーンマッピングを使用して、投影用に最適化します。D.Cinema Mode、HDR Mode (Wide Color Gamut Enabled)、Cinema Mode、HDR Modeなどで、小さな部屋から広いリビングルームまで、映画館のような再現性で体験できます。

1フレームあたり830万画素の4K UHD 3840 x 2160解像度(フルHD 1080pの4倍の解像度を持つ4K UHD)を、新世代の0.47インチシングルDMD DLPテクノロジにて精細なディテールを実現します。

音に関しては、BenQ CinemaMaster Audio + 2オーディオ強化技術を搭載。

ユニバーサルコネクティビティとしては、USB Type-A 3.0ポートを搭載しています。USBメディアリーダーにてケーブルを使用せずに、リムーバブルディスクから直接コンテンツを簡単に直接投影できます。USBアップグレード機能にて、ファームウェアアップグレードの簡単なメンテナンスができます。

 

f:id:itokoichi:20190509142157j:plain

このように数々の機能を搭載されている高機能な「BenQ 4KプロジェクターHT3550」ですが、操作はとても簡単です。再生ソースを選ぶだけで、スクリーンへの投射が始まります。とても綺麗に映像が再生されますが、さらに、設定画面から自分の好みに変更することも可能です。

f:id:itokoichi:20190509143421j:plain

 

f:id:itokoichi:20190509143432j:plain

 

f:id:itokoichi:20190509143447j:plain

f:id:itokoichi:20190509143501j:plain

f:id:itokoichi:20190509143514j:plain


映写例として、6畳程度の部屋にて、壁の前に「BenQ 4KプロジェクターHT3550」を置き、反対側の壁をスクリーン代わりにして使ってみました。

 

f:id:itokoichi:20190509142656j:plain

まず、自分でカメラで撮影した動物4K動画を再生しました。USB Type-A 3.0ポートにUSBメモリカードを挿して、メモリカードに保存した動画を再生してみました。各種動画形式に対応しているため、メモリカード上の動画を簡単に再生できます。

 

f:id:itokoichi:20190509142303j:plain

リスの毛一本一本がリアルに再生されて驚きました。

 

f:id:itokoichi:20190509142320j:plain

比較として、YouTubeに同じ動画をアップして、HD再生をしてみました。写真ではわかりにくいのですが、解像度が大幅に違っており、4Kの綺麗さを実感しました。

 

f:id:itokoichi:20190509142357j:plain

また、友人がYouTubeにアップしている4Kのドローン動画を再生してみました。こちらも隅々まで詳細に描写されており、ドローンのような空撮動画を楽しむには、「BenQ 4KプロジェクターHT3550」は非常に優れていることを実感できました。

 

映画としては、アマゾンプライムビデオに4K対応の動画コンテンツが多く公開されていますので、楽しみました。Fire TV Stick 4KをHDMI接続で使ってみました。

f:id:itokoichi:20190509142526j:plain

f:id:itokoichi:20190509142540j:plain

ここでは、再生動画は紹介できませんが、「ザ・ウィドウ~真実を求めて~(吹替版)」という4K UHD動画を視聴してみました。アマゾンプライムビデオから検索して再生します。

f:id:itokoichi:20190509143016j:plain

「BenQ 4KプロジェクターHT3550」で視聴が楽しく、シーズン1のエピソード1からエピソード8までを一気に観てしまいました。コンゴを舞台に謎の失踪をした夫を探す妻の物語なのですが、街中やジャングルなどでの戦闘シーンが豊富で、映像と音のリアルな再生で、映画館で観ているように楽しんでしまいました。

「BenQ 4KプロジェクターHT3550」を体験すると、今までのプロジェクターの概念が大きく変わります。これほどのリアルな再生を大きなスクリーンで観れるのは、4K時代に必須アイテムです。動画を楽しんでいるユーザーには、是非体験してほしい「BenQ 4KプロジェクターHT3550」です。


なお、BenQでは「BenQアンバサダープログラム」を運営しています。私も参加していますが、各種イベント開催やモニター企画など、ユーザーとして貴重な体験でできますので、参加されることをお勧めします。

benq.jp

 

 

BenQ DLP 4K(UHD) ホームシネマプロジェクター HT3550

BenQ DLP 4K(UHD) ホームシネマプロジェクター HT3550

 

 

 

【スポンサーリンク】