世界最小の完全ワイヤレスEARIN A-3を体験。片耳利用が便利すぎる #サンプル提供

モダニティより完全ワイヤレス「EARIN A-3」をお借りしましたので、紹介します。

japanese.engadget.com

 

EARINと言えば、世界でも早い時期に完全ワイヤレスを市場に出したスウェーデンのメーカーです。

2014年にKickstarterコミュニティに支援されたEarinは、2015年10月6日にオリジナルの完全ワイヤレスイヤホン「M-1」を世界で発売しました。ここから、すべての始まりとなったこの製品は、Bluetooth対応イヤホン技術に対する市場の関心を確固たるものにしました。そして、完全ワイヤレスは新たなグローバルな基準となりました。

 

そのEARINがリリースした完全ワイヤレス「EARIN A-3」は、グローバルで1月に発売され、日本では5月に発売された製品です。特徴として、以下があります。

 

●オープンタイプでは世界最小クラス

●14.3mmの大容量・ハイエンドスピーカー

●ワイヤレス充電とUSB-C充電に対応

●タッチコントロール。専用アプリでカスタム可能。

●クアルコム「QCC5121 MCU」搭載

●コーデックはSBC/AAC/aptX

●加速度センサーにてEARIN特許取得の左右のイヤホン検出

●片方で使えるMONOモード搭載

●MONOモードは二人で利用も可能

●TrueWireless Stereo Plus (TWS+)で左右別々に接続で途切れにくい

●2個のKnowles社マイクと2個の音声声認識マイクの 合計4個のマイクを搭載

●パッシブノイズキャンセル(形状による遮音性)と 風切音の低減アルゴリズムで外側のノイズをカット

●防水防汗と防塵対応のIP52

●再生・充電時間

イヤホン再生時間:1回充電で最大5時間再生、充電ケース使用で最大30時間再生

スタンバイ機能:イヤホンを5分以上使?していない場合、自動でスタンバイ切替

イヤホン充電時間:充電ケースにイヤホンを収納して1.5時間でフル充電

充電ケース充電時間:USB-Cケーブル接続3時間でフル充電

ワイヤレス充電時間:4.5時間でフル充電

 

 

写真で紹介します。

f:id:itokoichi:20210521162106j:plain

f:id:itokoichi:20210521162433j:plain

f:id:itokoichi:20210521162453j:plain

f:id:itokoichi:20210521162512j:plain

f:id:itokoichi:20210521162528j:plain



専用アプリでバッテリー残量とタッチ方式の選択ができます。

f:id:itokoichi:20210521142021j:plain

タッチ方式、クラシックの場合。

f:id:itokoichi:20210521142025j:plain

 

タッチ方式がハイブリッドの場合。操作は選択できます。

f:id:itokoichi:20210521142014j:plain

実際に使ってみると、小型軽量のため、一日中付けていても負担がありません。オープンタイプなので、音質としては低音に限界はありますが、繊細な音質で音楽を楽しむことができます。

ユニークな点が左右の違いがなく、同じ形状になっています。装着することで、左右を自動認識するので、どちらでも使えます。

同じ形状のため、片耳利用が便利です。バッテリーが切れても、もう片方を同じ耳に入れて利用ができます。

自宅にいるときは、片耳を付けっぱなしにしており、音楽や動画を観るときは両耳を付ける、という使い方をしています。
アクティブノイズキャンセル機能は搭載していませんが、それ以外は充実した機能となっています。

 

【スポンサーリンク】