【HUAWEI Band 2 Pro】あなたは熟睡していますか?「HUAWEI TruSleep」で睡眠を分析

f:id:itokoichi:20170928210602p:plain


HUAWEI Band 2 Proを利用しています。ウェアラブルのスポーツバンドなのですが、エキササイズ以外にも機能が充実しています。その一つが、睡眠分析機能です。

「HUAWEI TruSleep」はハーバードメディカルスクールCDBセンターの睡眠試験認証を取得しており、睡眠時の測定精度が90%以上に達し、入眠・目が覚めた時間、浅い眠り、深い眠り、REM(レム睡眠)を含むユーザの具体的な睡眠構造図を記録するため、本当の睡眠状況を把握することができるようになります。

ということで試してみました。この機能をオンにするとバッテリーの持ち時間に影響が出ます。TruSleepと心拍計をオンにすると、20日間ほどのバッテリー時間が10日間ほどになりました。それでも、10日持つので十分です。

f:id:itokoichi:20170928212803p:plain


「HUAWEI TruSleep」の主な機能について
①具体的な睡眠構造図:
入眠・目が覚めた時間、浅い眠り、深い眠り、REM(レム睡眠)を含みます。またひと晩の浅い眠り、深い眠り、急速な眼球運動時間の統計を取ることができます。
②睡眠の評価:
睡眠の質を評価します。睡眠構造の様々なパラメータを総合して算出しており、全睡眠時間、各睡眠周期の比率など、睡眠点数の重要なデータとなります。
③睡眠のアドバイス:
ひと晩の睡眠構造、睡眠時の呼吸の状態に基づき、睡眠に関して改善が必要な習慣や心理的、生理的、環境的要素が睡眠の質に及ぼす影響などについて、ハーバードメディカルスクールCDBセンター監修に基づいたピンポイントのアドバイスを提示することで、睡眠を調整し、改善するようサポートします。

f:id:itokoichi:20170928210613p:plain

アプリ内に注意書きもあります。

f:id:itokoichi:20170928210530p:plain

f:id:itokoichi:20170928210552p:plain

f:id:itokoichi:20170928210540p:plain

これだけ分析してくれると、朝起きて結果を見るのが楽しみになりました。継続することで、睡眠の環境の改善に役立ちそうです。

 

 

 

【スポンサーリンク】