Android

Android OSを搭載したスマートフォン、タブレットの情報を紹介。

Galaxy Z Fold4発表!軽量小型化、ヒンジ改良、Android 12Lで8/26米国リリースは約24万円

Galaxy Z Fold4が発表になりました。細かい部分がブラッシュアップされて、より使いやすくなっているようです。注目ポイントとしては、軽量小型化、ヒンジ改良、Android 12Lでしょうか。価格が予想通り、25万近い価格となっており、日本での価格待ちではあり…

エントリークラスmoto e32sはスペックは低いが常用で十分な性能

エントリークラスmoto e32sを試用しています。スペックは高くはないのですが、SNSアプリなど普通に動きます。3Dアプリやゲームなど動作が緩慢になりますが、実用的な端末です。 カメラの作例です。1600万画素です。 TIPSですが、ワールドワイドモデルという…

【Titan Slim】世にも珍しい2個のSIMトレイを搭載。楽天モバイルとdonedoneのSIMを入れてみた

uniherhzのキーボード内蔵スマートフォンTitan Slimを使っています。 blog.itokoichi.com デュアルSIMは一つのSIMトレイに、2枚のSIMを載せるスタイルなのが通常なのですが、Titan Slimは2つのSIMトレイに一枚ずつSIMを搭載する珍しいモデルです。これに、楽…

【Titan Slim】FMラジオ機能は同梱のUSB-Cオーディオ変換ケーブルが必須

uniherzのキーボード内蔵スマートフォンTitan Slimを使っています。 blog.itokoichi.com blog.itokoichi.com blog.itokoichi.com Titan SlimにはFMラジオ機能があります。試してみました。 FMラジオの利用には、イヤホンを接続して、アンテナ代わりにする必…

【Titan Slim】前モデルTitan Pocketより使いやすい理由を考察してみた

uniherzのキーボード内蔵スマートフォンTitan Slimを使っています。 blog.itokoichi.com blog.itokoichi.com まだ、使い始めて一日程度なのですが、Titan Pocketより使いやすく感じています。 まずキーボードですが、Titan Slimになって、縦方向が短くなり、…

【Titan Slim】キーボード設定覚書。AquaMozc for Titanで最高に入力しやすい環境になった

キーボード内蔵スマートフォンTitan Slimを使っています。 blog.itokoichi.com キーボード設定覚書です。アプリAquaMozc for Titanを、Titan Pocketと同じように導入しました。 blog.itokoichi.com Titan Slimの設定は以下になります。 AquaMozc for Titanの…

【Titan Slim】絶滅危惧種キーボード搭載スマホが予定より2か月早く到着!開封レビュー

スマートフォンは、画面タッチ操作が主流のため、キーボード内蔵端末はほぼ絶滅してしまいました。PDA時代のHP200LX、Jornada 680、sigmarion III、スマホ時代のW-ZERO3シリーズと、1995年から20年以上、キーボード内蔵端末を愛用してた私にとっては厳しい時…

【Galaxy Z Fold3】カバーディスプレイは歩きながら地図表示に便利

Galaxy Z Fold3は閉じた状態でカバーディスプレイの表示ができます。歩きながらGoogle Mapを表示させる場合は、片手で使えるかカバーディスプレイが便利です。 【VRS】 Galaxy Z Fold3 5G 対応 ケース 耐衝撃 背面 スタンド 付 スマホケース 耐 衝撃 スマホ…

【楽天モバイル】楽メールを申し込んでみた。Rakuten Linkアプリのみで利用?

楽天モバイルのユーザー向けに楽メールというサービスが始まりました。申し込んでみました。 network.mobile.rakuten.co.jp メアドは取れるのですが、メールの利用はアプリRakute Linkのみのようですね。

【Galaxy Z Fold3】TOHOシネマズのオンライン予約ができない?画面サイズの問題かな

Galaxy Z Fold3でTOHOシネマズのオンライン予約をしてみました。 TOHOシネマズ−映画館情報、上映スケジュール、作品情報、インターネットチケット販売など、映画の総合情報サイト 座席予約で「このページディスプレイを横にしたまま利用できません」と表示。…

人気のOPPO Renoシリーズの新モデルOPPO Reno7 Aは性能に死角なし

OPPO Reno7 Aをお借りしています。OPPO Renoシリーズはバランスの良い機種で、コスパが高くて人気です。Reno7も人気が出そうな端末です。 OPPO Reno7 A スターリーブラック スマートフォン 5G SIMフリー Android 有機ELディスプレイ OPPO Glow 薄型 軽量 大…

moto g52j 5Gは待望のおサイフケータイ、防水機能を搭載

SIMフリーで人気のmoto gシリーズで、ついに日本仕様のおサイフケータイ、防水対応のmoto g52j 5Gがリリースされました。端末をお借りしましたので、紹介します。 スペックも十分で実用におすすめです。 モトローラ moto g52j 5G パールホワイト 【正規代理…

フラッグシップキラーPOCO F4 GTの驚異の性能

POCO F4 GTを試用中です。 フラッグシップモデルに匹敵する機能を搭載して、7万円台という驚異的な価格です。スペックを重要視する上級ユーザーにお勧めです。 CPU Snapdragon 8 Gen 1LPDDR5+UFS 3.1冷却システム「LiquidCool テクノロジー3.0」120W充電器(…

【Galaxy Z Fold3】タブレットと認識されてau PAYアプリでチャージできない?

Galaxy Z Fold3のau PAYアプリにチャージを行いました。au PAYはたまにしか使わないので、ローソン銀行経由で、ローソンの店頭端末で入金しています。 面白い現象が発生しましたau PAYをGalaxy Z Fold3でローソン銀行でチャージしようとしたら、タブレットで…

【Galaxy Z Fold3】激安アラミド繊維ケースを使ってみた

Galaxy Z Fold3のケースはサムスン純正のシリコンケースを使っていますが、スマホスタンドの接着が弱いため、アラミド繊維ケースを導入してみました。純正ではなく、アマゾンの激安ケースにしてみました。 Seninhi Galaxy Z Fold3 5G 対応ケース アラミド繊…

Redmi Note 11 Pro 5Gの1億画素カメラを試写

Redmi Note 11 Pro 5Gを試用中。CPUがミドルレンジSnapDroagon 695 5G以外はハイスペック仕様で、1億画素、67W急速充電、おサイフケータイ、120Hz有機ELディスプレイ6.67インチ、バッテリー5000mAh、eSIM対応。 一億画素で試写しました。 通常モードの撮影で…

BlackBerryスタイルのTitan Slimに出資しました

BlackBerryスタイルのミニキーボードを搭載したスマートフォンは、ほとんど見なくなりました。その中で唯一リリースを続けているのがUniherzです。現在、Taitan Pocketを愛用しています。 blog.itokoichi.com blog.itokoichi.com Uniherzが、新モデルとしてT…

スマホのスリープ時にWifi自動オフのマクロを導入

Wifiのみで運用しているGalaxy S10のバッテリー節約のため、スリープ時にWifi自動オフのマクロアプリMACRODORIDを入れてみました。 これでスリープ時にWifiがオフになりますので、多少はバッテリーの節約になると思われます。

【Galaxy Z Fold3】画面分割で複数アプリの併用が便利

Androidは画面分割でマルチウィンドウで利用が可能になっていますが、スマートフォンの画面では狭くなるため、利用していませんでした。Galaxy Z Fold3の画面の広さであれば、マルチウィンドウの利用も現実的です。 起動アプリ一覧画面にて、アプリのアイコ…

【Galaxy Z Fold3】HP200LXらいくなスタイルでキーボード入力してみた

Galaxy Z Fold3を折った状態でデスクに置いて、HP200LXのように使ってみました。多分あまりこういう使い方をするユーザーはいないとは思いますが、10年以上HP200LXを愛用していたので、入力しやすいスタイルです。

【Galaxy Z Fold3】Spotifyの音切れ問題はメモリ管理設定ではなく再インストールで解決

Galaxy Z Fold3で音楽アプリSpotifyを使っていると、煩雑に音切れが発生するようになりました。バックグラウンドで再生していることが多いので、スマホのメモリ管理の問題かと思い、メモリ管理からSpotifyを除外、バッテリー監視からも除外してみました。 設…

Redmi Note 10Tは5G,Felica,防水対応で価格内で頑張っている端末

XiaomiのRedmi Note 10Tを試用しています。 コスパ端末として人気のRedmi Note 11より型番が一つ古い機種となりますが、XiaomiのSIMフリー機としては初めてFelicaと防水機能を搭載した日本向けモデルとなります。ソフトバンクからも発売されます。 https://m…

【Galaxy Z Fold3】マルチウィンドウでPCライクに使う方法

Galaxy Z Fold3は開いた状態ではタブレットサイズになるため、画面分割を活用することで、マルチタスクで操作ができます。 Androidはマルチウィンドウに対応していないアプリがありますが、Galaxy Z Fold3は全てのアプリでマルチウィンドウを設定することが…

【Titan Pocket】iPhoneで使っている楽天モバイルをeSIMから物理SIMに変更してTitan Pocketへ

楽天モバイルをeSIMから物理SIMに変更しました。 楽天モバイル店頭にてeSIMから物理SIMに交換。オンラインで来店予約して、手続きは5分で終了。楽天IDあれば身分証明書も不要です。交換は無料。 Unihertz Titan Pocket、小型QWERTYスマートフォン Android 11…

縦折りのBluetoothキーボードPlier(プリエ)を購入。Chromebook、Android、iPhoneとマルチペアリング

縦折りのBluetoothキーボードPlier(プリエ)を購入しました 折り畳みBluetoothキーボードは数台所有していますが、このタイプは初めてです。折りたたむとスリムになるので、持ち歩きがしやすいです。 3E 【スマホ/タブレット対応】ワイヤレスキーボード[Blu…

Mi Band 6とXiaomi Watch S1のペアリングで大混乱?ペアリングアプリは一体どれ?

XiaomiのスマートバンドMi Band 6とスマートウォッチXiaomi Watch S1を使っています。ウェアラブル端末は、基本的に、スマートフォンとウェアラブルがペアで一台だけペアリングできるようになっています。 そのため、Mi Band 6をGalaxy Z Fold3、Xiaomi Watc…

Galaxy POP-UP STUDIOでGalaxy Tab S8+と初のSIMフリーGalaxy M23 5Gを体験

Galaxyの新製品キャンペーンで、各所にGalaxy POP-UP STUDIOが開設されます。 www.galaxymobile.jp 渋谷マークシティに開設されたSTUDIOに行ってきました。 Galaxy S22、S22 Ultraも注目ですが、7年ぶりにリリースされたタブレットGalaxy Tab S8+は注目です…

【Galaxy Z Fold3】Bluetoothキーボード設定覚書。Gboard内で日本語と英語の両方設定

Galaxy Z Fold3でBluetoothキーボードを使う際に、日本語英語の切替するための設定を行いました。 ソフトキーボードとしてGboardを選択。 Gboard内で日本語キーボードと英語キーボードを選択。 Shift+Spaceで日英切替が可能になる という感じでした。Gboard…

【Galaxy Z Fold3】カバー画面共有すると2画面表示可能

Galaxy Z Fold3にカバー画面上部共有機能があります。オンにするとカバー画面とメイン画面サイズのホーム画面が同じサイズになり、2画面表示されるようになります。アプリ一覧画面も2画面になるため大量のアイコンが表示されます。

【Galaxy Z Fold3】初期設定覚書。ディスプレイやアプリ表示設定を変更

Galaxy Z Fold3の初期設定です。 ディスプレイ→画面モード→ナチュラル 開発者向けオプション→各種アニメーションをオフ 開発者向けオプションは、設定→端末情報→ソフトウェア情報→カーネルバージョンを複数タップ 日本語キーボードはGboardでキーボードの高…