【iPhone 11とオールドレンズ】ulanzi DOF adapterはiPhoneとオールドレンズという夢のコンビを実現

iPhone 11でオールドレンズが使えるシステム、ulanzi DOF adapterがリリースされました。今回、DOFシステムの権威であるTOJIさんのご厚意で試用させていただきました。

 

DOFシステムは、一眼レフのフォーカシングスクリーンを利用して、iPhoneで一眼レフの交換レンズを使うという目的で開発されました。TOJIさんが開発販売されたTurtlebackブランドが老舗になっています。この時はキヤノンEFマウントでした。EFマウントにマウントアダプターを活用することで、オールドレンズとiPhoneという組み合わせで撮影が楽しめる画期的なシステムでした。Turtleback DOFシステムをデジカメWatchに記事を寄稿したこともあります。

 

dc.watch.impress.co.jp

TOJIさんも当時の思い出をYouTubeで語っています。

www.youtube.com

 

今回、TOJIさんがDOFシステムを他社に提案されて、ミラーレスのソニーEマウントのDOFシステムであるulanzi DOF adapterがリリースされました。ソニーEマウントになったというこで、マウントアダプターの使える範囲が広がり、ライカMマウントを始め、ほとんどのオールドレンズで使えるようになりました。TOJIさんのYouTubeで紹介されています。

 

www.youtube.com

ulanzi DOF adapterを写真で紹介します。

 

f:id:itokoichi:20191107174937j:plain

レンズのマウントはソニーEマウントで、フォーカシングスクリーンが内蔵されており、フォーカシングスクリーンで結像した画像を、iPhoneカメラで撮影する仕組みです。

 

f:id:itokoichi:20191107175054j:plain

17mmのねじ込みで、iPhoneケースにマウントします。

f:id:itokoichi:20191107175123j:plain

17mmネジ対応のiPhoneケースがulanziよりリリースされています。私は、iPhone 11用のケースを使用しています。

Ulanzi iPhone 11 スマートフォン ケース (iPhone 11 ケース)

Ulanzi iPhone 11 スマートフォン ケース (iPhone 11 ケース)

 

 

f:id:itokoichi:20191107175315j:plain

f:id:itokoichi:20191107175347j:plain

 

iPhone 11は、超広角カメラと広角カメラの2個のカメラが搭載されていますが、広角カメラの方を使用します。レンズはAPS-C相当となります。

f:id:itokoichi:20191107175421j:plain

iPhone 11ケースとulanzi DOF adapterをマウントしたところで、内蔵されているフォーカシングスクリーンがスマートフォンの向きと合うように調整して、固定します。

f:id:itokoichi:20191107175442j:plain

そして、ソニーEマウント部分にレンズをマウントします。ソニーEマウントに変換するアダプターを使えば、ほぼ全てのオールドレンズが利用可能です。

ライカMマウントの7artisans 50mm f1.1を、ライカM-ソニーEヘリコイドマウントアダプター経由でマウントしてみました。

f:id:itokoichi:20191107175612j:plain

f:id:itokoichi:20191107175636j:plain

 

 なお、撮影時には、標準カメラアプリで撮影すると、上下が逆の像になるため、上下を逆で表示できるカメラアプリを使うと便利です。有料アプリProcameraで、ミラーリングオプションをオンにして利用しています。

f:id:itokoichi:20191107180045j:plain

f:id:itokoichi:20191107180059j:plain

iPhone 11に、各種オールドレンズが付けられるようになりましたので、いろいろ試してみます。

【スポンサーリンク】