【Galaxy DeX】専用アダプター不要でDeX利用が便利すぎる。ワイヤレスキーボードとマウスで環境構築

Galaxyは、外部ディスプレイにパソコンのように出力できるDeXという仕組みを搭載しています。Androidをデスクトップ用に拡張したモードになっています。旧機種のGalaxyでは、専用のDeXアダプターが必要でしたが、Galaxy S10以降はUSB-CからHDMIで直接ディスプレイに接続して利用ができるようになりました。

Untitled

早速試してみました。大きなディスプレイに出力したDeXの操作感は快適です。マルチウィンドウで5つまではアプリを開くことができ、ウィンドウサイズも、限定的ではありますが、サイズを変更できたり、フルスクリーンにできるアプリもあります。一部アプリはDeX上で動きませんが、DeX操作中もGalaxyの操作ができますので、Galaxyにてアプリの操作ができます。なお、DeXで操作中のアプリの操作はできません。

あくまで、Androidをデスクトップで動かしているため、操作で違和感がある部分があります。これは、かつて、Windows Phoneにて、Continuumというデスクトップモードを利用したときと同じような感じです。デスクトップPCのような操作感や、スマートフォンの操作感を求めると、ストレスが溜まります。DeXは、Androidではなく、Windowsでもない、別のOSである、と割り切れれば、活用しやすいのではないでしょうか。

モバイル端末のデスクトップ化は、かつてPDA時代から各メーカーがチャレンジして挫折した夢の企画です。DeXは何とか息長く、続いてほしいです。

 

【スポンサーリンク】