カード型PCでWEB会議に参加する方法は?スマホと完全ワイヤレスイヤホンを流用してみた

カード型PC、ZOTAC ZBOX P SERIES PI225 picoを試しています。

 

zotac.co.jp

Windows 10 Proが動く最小PCですが、スペックがセレロンでメモリー4GBと、最低限なスペックです。このPCでテレビ会議に参加するには、カメラとマイクが付いていないので、外付けが必要です。

最近はノートパソコンの利用頻度が上がっており、WEB会議用カメラやヘッドセットを探したのですが、以前使ったものがどうにも見つかりません。新たに購入するのも、空前のWEB会議ニーズで、WEBカメラが品不足になっています。

そこで、WEBカメラとしてスマートフォンのカメラ、ヘッドセットとして完全ワイヤレスイヤホンを流用してみました。

f:id:itokoichi:20200529173217j:plain

スマートフォンをWEBカメラ化するアプリがあります。iVCamというアプリです。ロゴなど入る無料版が用意されています。こちらは、スマートフォンとPCにアプリをインストールするだけで、スマートフォンのカメラがPCのカメラになります。

tokusengai.com

そして、ヘッドセットの代わりにcheero完全ワイヤレスイヤホンCHE-627を使ってみました。こちらのヘッドセットはマルチペアリングではありませんので、ペアリングしているスマートフォンとのペアリング解除でペアリングモードに入りますので、PCからBluetooh検索してペアリングします。

f:id:itokoichi:20200529173222j:plain

カード型PC PI225、スマートフォンカメラ、完全ワイヤレスイヤホンというトリッキーな組み合わせでWEB会議をしてみました。ZOOMを利用しました。パソコンのスペックが高くないので、動画と音声を使ったZOOMの動作速度が心配です。

 

【スポンサーリンク】