Twitterスペースでライブ音声配信テストを体験。Deam Seedさんとモバイルトーク

Twitter上で“会話”できる音声ライブ機能「Space(スペース)」が正式に始まりました。まずは、フォロワー600人以上の方の限定のようです。clubhouse対抗サービスとして注目されてます。

help.twitter.com

 

テスト配信をしてみました。EngadgetのライターでブロガーのDream Seedさんとモバイルトーク対談を配信してみました。

www.dream-seed.com

サービスイン初日にお互いに手探り状態で会話を開始。数名の方が聴いていただいていたようで、無事に配信できた模様です。

配信方法は以下の手順になります。

Twitterの上部のアイコンのFleetにアクセスして、横スクロールして「スペース」を選択します。スペースには任意の名前を付けることができます。

f:id:itokoichi:20210506131923p:plain

 

マイクアイコンがミュートになっていますので、ミュートを外すと、音声が配信されます。

f:id:itokoichi:20210506131927p:plain

ゲストを呼びたいときは、スピーカーアイコンを選択して、ゲストを検索して呼び出すと、先方にDMが届くようです。先方が参加を了解すると会話ができるようになります。

f:id:itokoichi:20210506131930p:plain

 

なお、スペースが始まると、アイコンの周りが紫色に変わります。ここを選択すると、スペースの会話を聞くことができます。

f:id:itokoichi:20210506131933p:plain

 

使ってみた感想としては、会話を聴いている方がアイコンで見えるので、一応聴いている方を意識した会話ができる感覚が面白いです。

 

【スポンサーリンク】