【夜行バスで行く尾瀬ツアー】初めての尾瀬をRX0だけでスナップしようかな?【α7II、FE85mm F1.8、RX0】

ソニーショップ「テックスタッフ」のイベント「夜行バスで行く尾瀬ツアー」に参加してきました。

【イベントレポート】テックスタッフの楽しい時間『夜行バスで行く尾瀬ツアー』レポート - ミラーレス一眼αやフルサイズレンズ、vaio、ウォークマンなどソニー製品最新レビュー多数掲載!ソニーショップテックスタッフ

初めて行く尾瀬で、結構ルートが大変そうではありましたが、テックスタッフの方が尾瀬のベテランということで、いろいろご指導いただきながら準備しました。

持参したカメラは、RX0とα7II, FE85mm F1.8の組み合わせ。雨が予想されたので、24mm F4のRX0をメインにしつつ、FE85mmは余裕があったら撮ろう、というスタイルです。結果的には、雨はほとんど降らなかったので、α7II、FE85mmも活躍しました。

2018-07-07_09-03-29

ルートとしては、深夜バスで向かい、早朝開門と同時に尾瀬に入り、午前中で周り、午後はバスで帰る、という弾丸ツアーです。早朝に回ることで、人が少ない時間帯を狙う、という感じでしょうか。

新宿バスタの長距離バス乗り場に初めて行きました。土曜の夜ですが、大勢の人がいました。

A7ii fe85mm rx0

尾瀬戸倉行きに乗ります。22時発で午前4時着なのですが、なかなか寝られませんね。飛行機の深夜便だとすぐ寝てしまうのですが。

A7ii fe85mm rx0

午前4時に尾瀬戸倉に到着して、マイクロバスに乗り換えて、鳩待峠を目指します。

A7ii fe85mm rx0マイクロバスは、午前4時40分発なので、朝食を摂ります。朝日が出てきました。

A7ii fe85mm rx0

尾瀬の入り口に着いて、早速向かいます。

A7ii fe85mm rx0

まずは、山道を下り、山の鼻を目指します。

結構急な下りで、帰りが心配になりました。

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

山道を抜けると、山の鼻に到着。ここから、尾瀬の湿原地帯になります。

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

牛首分岐を経由して、竜宮に到着。ここで昼食です。午前8時ですが。スタッフや参加者の方が、お湯を沸かして、ラーメンやコーヒーをふるまってくれました。

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

時間に余裕があれば、ヨッピ橋へ向かう予定でしたが、時間が押し気味だったので、このまま、山の鼻へ戻ることに。実は、行きだけで、結構体力の限界だったので、復路は、スナップをあまりせずに急いで戻って体力の温存をしました。山道の登りが心配だったので。他の方とは別行動になってしまいましたが、それでも何枚かは撮りました。

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

A7ii fe85mm rx0

他の方が午前9時竜宮出発で、午前11時山の鼻着という2時間程度でしたが、私は午前10時20分には山の鼻に着いて、休憩をしていました。尾瀬は携帯回線が届いていませんが、山の鼻には無線LANがありました。

A7ii fe85mm rx0

帰りの上りの山道は、予想通りきつい状態でしたが、1時間程度で何とか登り切りました。

帰りは午後2時30分のバスで、新宿に午後7時着。復路のバスはほとんど寝てしまいました。

初心者コースではありましたが、尾瀬の景色を満喫しました。体力作りをして、別なルートを巡ってみたいですね。

テックスタッフさん、参加者のみなさま、お疲れ様でした。

 

【スポンサーリンク】