最強の完全独立ノイキャンSONY WF-1000XM3はやっぱり最強だった

ヘッドフォンは、アップルのAirPods Proのリリースで、ノイズキャンセリング完全独立ワイヤレスヘッドフォンのブームとなっています。完全独立は使いだすとこれ以外考えられないほど便利です。また、ノイズキャンセリング機能があると音楽に集中できるため、搭載したい機能です。この二つがセットになった機種の代表がAirPods Proで、販売も好調なようです。

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

完全独立ノイキャンの最強モデルと言えば、個人的にはSONY WF-1000XM3だと思っています。初代のWF-1000Xを愛用しています。欠点はいろいろあります。音の遅延、左右の音の途切れ、バッテリーの短さなどなど。それでも愛用してしまうノイズキャンセリングと音質の良さが魅力でした。この欠点をほぼカバーしてしまうWF-1000XM3は、まさに最強と呼べるでしょう。

WF-1000XM3をお借りしましたので、写真で紹介します。充電ケースと本体。バッテリー持続時間は6時間、充電ケースで2回充電できるため、合計24時間使用できます。

f:id:itokoichi:20191222113309j:plain

 

ケースに入れやすくなりました。初代はカチっとはめないと充電開始しなかったのですが、M3はマグネットでくっつくので入れるのが楽です。

f:id:itokoichi:20191222113416j:plain

本体前面にランプがあり、充電など知らせます。

f:id:itokoichi:20191222113434j:plain

f:id:itokoichi:20191222113450j:plain

充電ケースの端子はUSB-C。急速充電対応。初代はmicroUSBで充電時間がかかりました。

f:id:itokoichi:20191222113503j:plain

ヘッドフォン本体。ボタンがなくなり、タッチ式です。装着感は初代よりずいぶん良くなりました。初代はよく脱落していました。

f:id:itokoichi:20191222113802j:plain

f:id:itokoichi:20191222113815j:plain

初代との比較。ソニーらしいのがデザインを一新してきたこと。アップルであれば、絶対にデザインを変更しませんが、ソニーはどんどんデザインを変えてきます。PDAのCLIE、カメラのαと、モデルチェンジの度に、ユーザーは喜び、かつ、泣かされてきました。永遠のベータテストに付き合う覚悟があれば、ソニー製品は最高に楽しいです。

f:id:itokoichi:20191222113934j:plain

f:id:itokoichi:20191222113945j:plain

f:id:itokoichi:20191222113951j:plain

ペアリングは簡単で、アプリをイントールしてあるスマホとNFCで接続するだけです。NFCはケース本体手前。ヘッドフォンを出して、NFCマークとスマホをタッチします。

f:id:itokoichi:20191222121311j:plain

 

f:id:itokoichi:20191222124345j:plain

f:id:itokoichi:20191222124415j:plain


操作方法は、アプリにチュートリアルがありました。

f:id:itokoichi:20191222124447j:plain

 

f:id:itokoichi:20191222124502j:plain

便利な機能が左耳のタッチを押している間は、音楽がミュート される機能です。車内アナウンスなど確認したいときに便利ですね。

f:id:itokoichi:20191222124616j:plain

右耳のロングタップで、AIを呼び出せます。初期に複数のAIがポップアップしますが、常時選択すればすぐに使えます。Amazon Alexaを使ってみました。音声の返答と同時にスマホに画面が出ます。

 

f:id:itokoichi:20191222125351j:plain

f:id:itokoichi:20191222125354j:plain

 

まだ短時間の試用ですが、正直なところ最強ですね。左右の音の途切れなく、動画の音声遅延もなく、バッテリーも長く持ちます。しばらく試用してみます。

 

 

 

【スポンサーリンク】