【ソニーWF-1000X】ノイズキャンセリング完全ワイヤレスヘッドフォンの動作がアップデートで安定。凄く使えるようになったので買い替え不要?

ソニーのノイズキャンセリング完全ワイヤレスヘッドフォンWF-1000Xを使っています。

f:id:itokoichi:20171215225419j:plain

完全ワイヤレスの初代のため、不具合も多くありました。まず、左右のペアリングが切れてしまい、片方になることが頻発していました。また、音声遅延が酷く、映画など動画の用途には向いていませんでした。音質を高性能ではなく、遅延防止の低性能にしても改善されませんでした。それでもノイズキャンセルの効果があるので、音楽用途限定で使っていました。ただ、バッテリーが90分くらいで切れてしまうので、あまり多用はできません。

 

 

先日、最新機種のWF-1000XM3を体験する機会がありました。3代目ということで、機能が大幅に改善されており、遅延や左右の途切れがなく、バッテリーも持つようになっていました。

 

 

そろそろ買い替え時期かなあ、と思いつつ、WF-1000Xのアップデートを行いました。

www.sony.jp

相当バージョンが古かったようで、数度のバージョンアップを行いました。

このバージョンアップのおかげか、左右の途切れが少なくなりました。また、動画再生時の音声の遅延も気にならなくなりました。結構使えるかな?しばらく買い替えをしないようで良いようです。

ちなみに、Galaxy Note 8ではWF-1000X、iPhoneではAirPodsを使っています。一台に一つ、ワイヤレスヘッドフォンを割り当てた方がわかりやすいですね。

blog.itokoichi.com

 

【スポンサーリンク】