【2代目iPhone SE】2013年発売iPhone 5sからデータ移行はできる?iOS12.4なのでワイヤレス転送を試してみた

iPhoneのデータ移行は、クラウド(iCloud)、ケーブル接続(iTunes)、ワイヤレスの3種類があります。ワイヤレスデータ移行は、iOS12.4以降の機種で対応しています。

k-tai.watch.impress.co.jp

2013年発売のiPhone 5sは、iOS12.4までアップデートできますので、ギリギリでワイヤレス転送に対応しています。そこで、iPhone 5sからiPhone SEへのデータ移行をワイヤレスで試してみました。

iPhone SEをリセットして初期画面で、データの引継ぎでワイヤレスを選択します。

iPhone同士を近づけると、認証画面になります。カメラで認証して、スタートします。

f:id:itokoichi:20200426084508j:plain

転送には2時間かかりました。

f:id:itokoichi:20200426084502j:plain

転送完了。

f:id:itokoichi:20200426084850j:plain

ホーム画面やアプリが引き継がれました。アプリは、別途、AppStoreからダウンロードが始まりますので、さらに時間がかかります。

f:id:itokoichi:20200426084447j:plain

個々のアプリの設定が引き継がれているかどうか、確認は必要ですが、同じ環境に復元できるので、データ移行機能は便利ですね。特に、ワイヤレスは、iCloudのクラウド保存容量増量契約や、iTunesケーブル接続のPCなど不要なので手軽です。

 

【スポンサーリンク】