ソニーα7IIのアイセンサー敏感問題をパーマセルテープで解決してみた

ソニーのミラーレスα7IIは、ファインダーと背面ディスプレイの切り替えがセンサーにより自動となっています。ただ、ファインダーの近くにものが来ると、すぐに切り替わってしまうため、ローアングル撮影時などに背面ディスプレイが消えてしまうことがあり、不便でした。

同じような悩みを持っている方が解決方法を紹介していました。

kunkoku.com

センサー部分をテープで良い感じで隠してセンサーを鈍くする、という目から鱗の方法です。

早速試してみました。

f:id:itokoichi:20200422114541j:plain

f:id:itokoichi:20200422114536j:plain

目をファインダーに当てないと、背面ディスプレイが消えなくなりました。ただ、ファインダーから少しでも目を浮かすと、ファインダーが消えてしまうので、不便な面もあります。

背面ディスプレイをメインで利用するユーザーには良い方法です。

X-E1みたいに、ファインダー横に、ファインダーと背面ディスプレイの切り替えボタンがあれば便利なんですけどね。α7III以降では、下ボタンなどに割り当てできるようです。

 

 

【スポンサーリンク】