【レンズ沼300本目】【フィルムカメラ48台目】記念すべき300本目はCANON FL50mm F1.4 I型。「オールドレンズで撮るポートレート写真の本」で紹介されていた個性的なレンズ。CANON FTとセットで入手【α7II】

「オールドレンズで撮るポートレート写真の本」では個性的なレンズが紹介されています。

 その中でも、CANON FL50mm F1.4 I型に注目しました。FLレンズは、58mm F1.2と55mm F1.2という2本の大口径を所有しており、個性的な描写が好きなシリーズです。そのF1.2とはまた違う個性をもったFL50mm F1.4 I型の作品に驚きました。

FL50mm F1.4は短命なレンズでしたが、3世代あったようです。

pakira3.sakura.ne.jp

1965年発売:「前期型」
前玉側に「自動/手動スイッチ」、光学系5群6枚構成、コーティング「アンバー」
1966年発売:「中期型」(モデルI型)
マウント側に「自動/手動スイッチ」、光学系5群6枚構成、コーティング「アンバー」
1968年発売:「後期型」(モデルII型)
マウント側に「自動/手動スイッチ」、光学系6群7枚構成、コーティング「パープル」

ここでは「中期型」と表記されている、I型は非常に個性的です。

global.canon

発売年月 1966年(昭和41年)9月

発売時価格 21,800円

レンズ構成(群) 5レンズ構成(枚) 6

絞り羽根枚数 8

最小絞り 16

最短撮影距離(m) 0.6

最大撮影倍率(倍) 0.104

フィルター径(mm) 58

最大径x長さ(mm)x(mm) 64 x 43

 詳しくは、「オールドレンズで撮るポートレート写真の本」で説明されているのですが、当時としてはユニークなレンズ構成だったようで、現代のミラーレスで使うと、とても個性的な描写になります。

早速入手しました。CANON FTとセットです。当時、FTにはFL50mm F1.4 II型が付いていたようですが、入手したFTにはI型が付いていました。

20200810_182216

 

20200810_182258

20200810_182323

I型は自動絞りリング(A/M表記)がレンズ側、II型は自動絞りリングがマウント側になります。某ショップで、II型を初期型として販売していたので、初期型ではありませんよ、と伝えておきました。

作例です。F1.4ながらも、F1.2より薄く感じるピントです。ボケも大きく暴れるため、撮影が楽しいです。

後日談ですが、最初入手したレンズが、開放で3mまでしかピント合わず、再調整に出しました。開放で20mくらいまで合うようにはなりましたが、無限に届かないので、遠景を撮る際にはF8に絞っています。

a7ii fl50mm f1.4

a7ii fl50mm f1.4

a7ii fl 50mm f1.4

a7ii fl 50mm f1.4

a7ii fl 50mm f1.4

a7ii fl 50mm f1.4

a7ii fl 50mm f1.4

a7ii fl 50mm f1.4

a7ii fl 50mm f1.4

a7ii fl 50mm f1.4



 

a7ii fl50mm f1.4

a7ii fl50mm f1.4

a7ii fl50mm f1.4

a7ii fl50mm f1.4

a7ii fl50mm f1.4

a7ii fl50mm f1.4

a7ii fl50mm f1.4

【スポンサーリンク】