【ワイヤレスノイキャンWF-1000X】高音質とノイズキャンセルの魅力にやられてしまったので、即購入

f:id:itokoichi:20171215225419j:plain

ソニーの展示会に行く機会があり、気になっていた商品を体験することができました。ワイヤレスノイズキャンセルヘッドフォンWF-1000Xです。

 ウォークマンとペアリングして、ハイレゾ音楽を聴いたのですが、音質にビックリ。ワイヤレスとは思えない高音質でした。さらに、ノイズキャンセル機能で、リスニングルームにいるような快適さでした。

左右独立型ワイヤレスヘッドフォンは、アップルのAirPodsを愛用しています。Bluetoothヘッドフォンはいろいろと使っていますが、左右独立型を使い出すと、便利過ぎて、AirPodsばかり使っています。特に、冬場は、マスクをする機会が多いので、左右独立型ワイヤレスは必須です。

 

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

 

 ということで、WF-1000Xを購入しました。開封レビューです。

f:id:itokoichi:20171215225210j:plain

f:id:itokoichi:20171215225406j:plain

f:id:itokoichi:20171215225231j:plain

同梱物です。WF-1000X 本体、マイクロUSBケーブル、イヤーピース(ハイブリッドイヤーピースロングSS,S,M,L、トリプルコンフォートイヤーピースS,M,L、フィッティングサポーターM,L)、キャリングケース(兼充電ケース)。

f:id:itokoichi:20171215225240j:plain

ヘッドフォン本体。

f:id:itokoichi:20171215225254j:plain

f:id:itokoichi:20171215225305j:plain

充電ケース。

f:id:itokoichi:20171215225328j:plain

f:id:itokoichi:20171215225317j:plain

底面にNFC。

f:id:itokoichi:20171215233116j:plain

ヘッドフォンを充電ケースに入れて充電すると赤いランプが付きます。

f:id:itokoichi:20171215225419j:plain

一回の充電で利用できる時間は3時間程度。充電ケースでは2回充電できるそうです。

本体にボタンが付いており、ボタン操作が可能です。

イヤホン左側のボタンは、電源ON/OFF(2秒押し)、ノイズキャンセリングON、アンビエントサウンド(外音取込)、OFF。長押しでペアリング。

イヤホン右側のボタンは、電源ON(OFF時は左のみ)、再生(1回押し)、曲送り(2回押し)、曲戻し(3回押し)、着信時に受ける終話する(1回押し)。長押しで音声コマンド。

f:id:itokoichi:20171215234033j:plain

ペアリングは、WF-1000Xをペアリングモードにしてから、スマートフォンのBluetoothの設定画面より、検索すると簡単にできました。

f:id:itokoichi:20171216000420j:plain

NFCでも簡単にできます。

また、アプリが用意されています。

f:id:itokoichi:20171215233712j:plain

f:id:itokoichi:20171215233723j:plain

アップデートが提供されていました。音飛びと、右側が切れる現象の対策のようです。アップデートを適用してみました。

f:id:itokoichi:20171215233732j:plain

f:id:itokoichi:20171215233820j:plain

ほぼ設定もできたので、活用してみます。iPhoneではAirPodsを使っていますので、AndroidにてWF-1000Xを利用する予定です。

 

【スポンサーリンク】