【WF-1000XM3】AndroidとiPhone 11でマルチペアリングが超便利

ソニーの完全独立ワイヤレスノイキャンWF-1000XM3は、アプリで機能を制御できます。Androidだけでなく、iOS用も提供されているので、iPhone 11で使ってみました。

f:id:itokoichi:20191224140703j:plain

iPhone 11でペアリングですが、NFCでうまくいかなかったので手動で接続。WF-1000XM3の左右のタッチ部分を7秒タッチしてペアリングモードにした後、アプリで認証ができました。

f:id:itokoichi:20191224140853p:plain

f:id:itokoichi:20191224140858p:plain

f:id:itokoichi:20191224140903p:plain

iPhone 11でもAndroidと同じように快適に利用できました。

驚いたのが、Androidで設定したイコライザー設定がそのまま生きていたこと。アプリで一度設定すると、ヘッドフォンに記憶されて、他の機器で使っても、その設定が生きるんですね。

f:id:itokoichi:20191224140908p:plain

そして、さらに便利な機能として、WF-1000XM3はマルチペアリング機能があり、機器8台まで登録できます。通常のBluetooth機器の場合、ペアリングを解除してから次の機器の登録をしますが、それが不要でどんどんペアリングできます。再度、Bluetooth接続画面から接続をするだけで切り替えができます。

f:id:itokoichi:20191224142304j:plain

接続方法は、Androidではアプリから「接続」を選択することで接続ができました。iOSの場合はアプリからだと見つからない、と言われてしまうので、Bluetooth設定画面から接続します。

USB-C端子とLightnig端子のヘッドフォンを用意するより、Bluetoothヘッドフォンで切り替えて使った方が便利ですね。

 

 

【スポンサーリンク】