【フィルムカメラ】ライツミノルタCLとM-ROKKOR 28mmという禁断の組み合わせでスナップ

フィルムカメラ、ライツミノルタCLにM-ROKKOR 28mm F2.8を付けて、スナップ。

ライツミノルタCLには、28mmのブライトフレームがないため、内蔵ファインダーでは撮影が難しい組み合わせです。この後の機種CLEで28mmブライトフレームが付き、そのときに28mmレンズが販売されたようです。CLは、40mmと90mmのレンズしかありませんでした。そのCLにM-ROKKOR 28mm F2.8を付けて撮ってみました。

アバウトですが、内蔵ファインダーの端から端までで28mmくらいになるみたいです。iPhone Xの内蔵カメラが28mmなので、iPhoneで露出を測るときに、構図を確認してから、ライツミノルタCLで撮るようにすれば、それほど違和感なく撮れました。28mm画角は、両手を少し広げた程度の範囲となりますので、目測で構図がわかるように訓練が必要ですね。ちなみに、目測でピント合わせは、ほぼできるようになりました。

なお、ライツミノルタCLはピントがとても見やすく、スナップに最適です。

2019-05-03_02-05-57

Leitz minolta cl m-rokkor 28mm f2.8

Leitz minolta cl m-rokkor 28mm f2.8

Leitz minolta cl m-rokkor 28mm f2.8

Leitz minolta cl m-rokkor 28mm f2.8

Leitz minolta cl m-rokkor 28mm f2.8

Leitz minolta cl m-rokkor 28mm f2.8

Leitz minolta cl m-rokkor 28mm f2.8

Leitz minolta cl m-rokkor 28mm f2.8

Leitz minolta cl m-rokkor 28mm f2.8

Leitz minolta cl m-rokkor 28mm f2.8

Leitz minolta cl m-rokkor 28mm f2.8

【スポンサーリンク】