【オールドレンズ】PENTAX Super-Takumar 55mm F1.8の魅力を書籍「オールドレンズで撮るポートレート写真」で知る

写真家上野由日路さんの書籍「オールドレンズで撮るポートレート写真の本」をバイブルにしてオールドレンズ活用をしています。

 

この本を参考に、FL50mm F1.4、KIRON 28mm F2を入手しました。

blog.itokoichi.com

 

blog.itokoichi.com

 

そして、この本から3本目のレンズは、PENTAX Super-Takumar 55mm F1.8です。書籍では後期型のレンズが紹介されていましたが、前期型を持っていたので使ってみました。

ちなみに、Super-Takumar 55mm F1.8は初期型(1962年)、前期型(1963年)、後期型(1965年)の3種類があります。初期型は絞りリング方向が逆、前期型はR指標が4mと8mの間でシリアル番号がSuper-Takumarの前、後期型はアトムレンズでR指標が4mでシリアル番号がAsahiの前。上野さんの本オールドレンズで撮るポートレート写真では、後期型が紹介されています。

前期型の方がレアで、よりオールドレンズらしい描写になるようです。

20200827_084845

20200827_084910

作例です。

a7ii super-takumar 55mm f1.8前期型

a7ii super-takumar 55mm f1.8前期型

a7ii super-takumar 55mm f1.8前期型

a7ii super-takumar 55mm f1.8前期型

a7ii super-takumar 55mm f1.8前期型

a7ii super-takumar 55mm f1.8前期型

a7ii super-takumar 55mm f1.8前期型

a7ii super-takumar 55mm f1.8前期型

a7ii super-takumar 55mm f1.8前期型

a7ii super-takumar 55mm f1.8前期型

a7ii super-takumar 55mm f1.8前期型

 

 

 

 

【スポンサーリンク】