【レンズ沼305本目】オクシン型TAKUMAR 58mm F2.4を入手。DMM.comに3Dプリンター作成のM37-M42アダプターを発注

ここのところTAKUMAR沼にはまっており、TAKUMARレンズをいろいろ使っています。

blog.itokoichi.com


blog.itokoichi.com

 

TAKUMARの中古は安価なので、オールドレンズ初心者だった6年前によく使っていました。また、最近になって、TAKUMARレンズの楽しさが分かってきました。年代によって、バージョンが代わり、レンズ構成、アトム玉、コーティングなど変化しており、写りがいろいろと変化しています。それぞれの年代のTAKUMARレンズの楽しさを理解できるようになりました。オールドレンズ沼は深いですね。

さて、このTAKUMAR沼の最終章とも言うべき、初期のTAKUMARであるTAKUMAR 58mm F2.4を入手しました。1957年発売のAsahiflex IIのレンズ。3群5枚のオクシン型という珍しい構成のレンズです。トリプレットレンズの後継レンズで、前玉と後玉にレンズが一枚ずつ追加されています。オクシン型を採用しているレンズは、希少で、このTAKUMAR 58mm F2.4くらいだそうです。

20200905_193926

20200905_194045

20200905_194107

マウントが、Asahiflex IIのM37 マウントとなっており、マウントアダプターが必要です。M37-M42アダプターリングを使うと、M42で使えるようになっています。今回、M37-M42アダプターリングを、DMM.comに3Dプリンター作成アダプターを注文してみました。

make.dmm.com

 

装着しましたが、特に問題なく使えています。

20200909_074031

20200909_074150

20200909_074253

 

さて、レンズの描写ですが、TAKUMAR銘ではありますが、私の所有するAuto-Takumar、Super-Takumar Multi-Coated-Takumarとは全く違う描写です。M42レンズらしいコントラスト強い感じや発色ななく、初期のレンジファインダーの描写に近いレンズです。ピント面もわかりにくく、撮影に苦労しますが、他のTAKUMARにはない描写を楽しめるレンズです。

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

 

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4


a7ii takumar 58mm f2.4

モノクロパンフォーカスでも撮影してみました。F11, 15feetくらいです。

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

a7ii takumar 58mm f2.4

 

【スポンサーリンク】