Windows版Lenovo IdeaPad Duet 350iを体験。キーボードのBT対応に驚き

レノボよりLenovo IdeaPad Duet 350iをお借りしました。

ChromebookのIdeaPad DuetのWindows版です。IdeaPad Duetは2in1タイプの軽量タブレットで、モバイルで使いやすいモデルです。

www.lenovo.com


仕様は以下になります。

ディスプレイ:10点マルチタッチ対応10.3型WUXGA液晶ディスプレイ(1920×1200ドット)
CPU:Celeron N4020
メモリー:4GB
ストレージ:128GB eMMC
カメラ:前面200万画素、背面500万画素
OS:Windows 10 Home(Sモード)
バッテリー駆動時間:最大約11時間
インターフェイス:USB 3.0 Type-C×2(Power delivery対応、DisplayPort出力機能付き)microSDメモリーカードリーダー、マイク/ヘッドホン
キックスタンド
キーボード:Bluetooth接続対応
本体サイズ:253(幅)×173.1(高さ)×16.1(奥行)mm
重量:約874g(タブレット約602g、キーボード約272g)。
価格:60,280円

 

Chromebook版と大きく違うのが、タブレット部分のキックスタンドが着脱式ではなく一体型になったことと、キーボードがBluetooth接続もできるようになったことです。キックスタンドを内蔵することで、軽量感がアップしています。そしてキーボードは薄いのでBluetoothに対応していることに気が付きませんでした。この薄さで、凄いです。

写真で紹介します。

f:id:itokoichi:20210705191250j:plain

キックスタンドはタブレットに内蔵。

f:id:itokoichi:20210705191503j:plain

f:id:itokoichi:20210705191326j:plain

 

キーボードは薄型軽量。

f:id:itokoichi:20210705191341j:plain

Bluetooth機能を搭載。

f:id:itokoichi:20210705191355j:plain

キーボード横にスイッチ。

f:id:itokoichi:20210705191406j:plain

 

本体右側のボタン。

f:id:itokoichi:20210705191421j:plain

 

左側にUSB-Cポートが2個。microSDスロット。

f:id:itokoichi:20210705191431j:plain

ペンが付属。

f:id:itokoichi:20210705191820j:plain

ACアダプターはPD43W。

f:id:itokoichi:20210705191833j:plain








 

 

 

【スポンサーリンク】