【中古カメラ】オリンパスPEN連続故障で新たなマイクロフォーサーズを探した結果は?【LUMIX GX7】

2018-01-08_12-36-45

デジタルカメラは、ソニーEマウント(α7II、NEX-5T)、PENTAX Qマウント(PENTAX Q10)、マイクロフォーサーズ(PEN E-PL6、PEN E-P2、OLYMPUS AIR)を使っています。それぞれのマウントに合わせたオールドレンズを活用するためです。

その中で、PEN E-PL6とPEN E-P2が立て続けに故障してしまいました。E-PL6は、家族が使用中に水没事故を起こしてしまい、起動不能に。E-PL6は、新品で購入したものですが、一度シャッター故障で起動しなくなり、保障期間外で有料修理までしたのに、今度は水没で起動不能となり、ショックです。

E-P2は、中古で購入した機種ですが、手振れ補正が動かなくなってしまいました。「IS1」のアイコンが赤く点滅したままで、手振れ補正が機能しません。

20180108_104121

このままでは、マイクロフォーサーズマウントがOLYMPUS AIRだけになってしまい、使い勝手が悪くなります。E-PL6かE-P2を修理する方法もあるかと思いますが、安い中古を探すことにしました。

機種としては、オールドレンズをメインで使っているため、最新機種である必要はないのですが、手振れ補正機能は欲しいところです。

候補としては、中古で安いPEN E-P3とPEN mini E-PM2を考えてみました。PEN E-P3は、E-PL6より世代が古くなりますので、もうちょっと性能が欲しいところです。PEN mini E-PM2は、世代としては、E-P2やE-P3より新しく、E-PL6と同じくらいではありますが、ボタンなど少ないため、マニュアルレンズでの操作性に難はありそうです。

悩んでいたところ、Facebookにてmukカメラサービスの小菅さんよりLUMIXを薦められました。mukカメラサービスに行くたびに、パナソニックを薦めていただいていたのを思い出しました。

ということで、早速、中野のフジヤカメラへ。新年早々でしたが、開店前は行列ができていました。

2018-01-12_09-18-31

当初、PEN mini E-PM2とLUMIXを触って比較してから、購入しようと思っていたのですが、LUMIX GX7の安めの機種がありました。2013年発売の機種で、本体内手振れ補正が搭載された機種です。現行機種よりは、大幅に機能は落ちますが、オールドレンズのベース機としては十分そうです。GX7MK2もあったのですが、価格が倍くらい違いました。

というわけで、PEN mini E-PM2を触ることなく、LUMIX GX7に決めてしまいました。正月早々、カメラを購入してしまいました

5年前の機種ではありますが、写真で紹介します。マウントはマイクロフォーサーズ。

DSC01518

DSC01520

DSC01522

なんと、チルトファインダーが内蔵されています。

DSC01524

液晶もチルトします。

DSC01526

バッテリーとSDカードスロット。

DSC01528

ボタン類。このときは、使いやすいボタンかな、と思ったのですが、この後、ボタン操作で泣くことになります。

DSC01530

DSC01532

フラッシュが内蔵されていることに驚きました。買ってすぐに、家族スナップ用に、オリンパスのボディキャップレンズを付けて、フラッシュ撮影がすぐに役立ちました。

DSC01534

この後、使い始めたのですが、設定に難航してしまい、結局1週間かかってしまいました。初期設定に関しては、次回のエントリーにて紹介します。

 

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7 ボディ ブラック DMC-GX7-K

Panasonic ミラーレス一眼カメラ ルミックス GX7 ボディ ブラック DMC-GX7-K

 

 

 

【スポンサーリンク】