【SIGMA fp】α7でAFや手振れ補正がない小さいフルサイズミラーレスが欲しいなあ、なんて呟いていたらシグマがとんでないシネマカメラを発表したでござる

以前、SNSで、「α7のAF機能も手振れ補正機能もいらないので、小型のフルサイズミラーレスが欲しいなあ」とつぶやいたことがあります。

ミラーレスカメラは基本的にオールドレンズだけで使っています。たまに、家族スナップでAFズームレンズを使うくらいで、ほぼオールドレンズだけです。現在のミラーレスカメラに搭載されている機能は素晴らしいとは思うのですが、個人的には、マニュアルフォーカスしか使えなくていいので、シンプルで小型の機種が欲しい、と日々感じています。

そして、突然のSIGMAの発表。

kakakumag.com

SIGMA fpは、ライカ、パナソニック、シグマの3社による「Lマウントアライアンス」に基づいて開発されたフルサイズミラーレス。Lマウントを採用し、ライカやパナソニックのLマウントレンズも使用することができる

基本はシネカメラユーザー向けの機種だとは思いますが、この小型のフルサイズミラーレスでオールドレンズを使って写真を撮ってみたい、と思ってしまいました。あくまでベースボディとして割り切った仕様の徹底的な小型化に、大変魅力を感じてしまいました。ArriflexマウントのシネレンズをLマウントの変換して付けてみたい、そんなワクワク感のあるカメラです。発売が楽しみです。

f:id:itokoichi:20190713115537j:plain

 

【スポンサーリンク】