【Gemini PDA】正月早々、アップデートで日本語入力設定にはまる

キーボード搭載Android端末Gemini PDAを使っています。システムアップデートが来ており適用してみました。タイムスタンプは10月のアップデートになっています。

f:id:itokoichi:20190101103839j:image

適用前。


f:id:itokoichi:20190101104428j:image

適用後。セキュリティレベルが新しくなりました。


f:id:itokoichi:20190101104445j:image

 

適用後、困ったことに、日本語キーボードのかな入力に戻ってしまいました。Gemini PDAは日本語キーボードレイアウトを使っており、デフォルトがかな入力になっています。私はローマ字入力を利用しているため変更が必要です。

ただ、ローマ字入力の設定方法を忘れてしまい、苦戦しました。Gemini PDAのキーボード設定は、「仮想キーボード」と「物理キーボード」の2つがあり、物理キーボードだけ設定しようとしても、ローマ字入力にすることができません。仮想キーボードを変更することが必要です。また長音入力のためのキーマッピングアプリの設定が必要です。

以下、備忘録です。

「Google日本語入力」をインストール。

https://www.google.co.jp/ime/


設定→言語と入力→仮想キーボードにて、Google日本語入力を選択

 

f:id:itokoichi:20190101205511j:plain




f:id:itokoichi:20190101104058j:image


「Gemini PDAのキーボードレイアウトを変更するやつ」をインストール
設定→言語と入力→物理キーボードにて、!Gemini PDA JP remap01を選択



f:id:itokoichi:20190101104149j:image


ctrl+shiftで日本語入力、:でー入力が可能

なお、アップデートでも「Google日本語入力」と「Gemini PDAのキーボードレイアウトを変更するやつ」は再インストールは不要で残っていました。

以前行った設定なので、思い出せば出来るのですが、キーボード内蔵型の特殊な設定のため思い出すまで時間がかかりました。システムアップデートの度にこの作業が必要になるんですね。手間がかかります。日本語キーボード版ではなく、英語キーボード版なら、この手間は不要になるのかな。まあ、日本語キーボード版を使っているので慣れるしかないですね。

 

 

 

【スポンサーリンク】