【iPhone 11】OSアップデートでナイトモードの画質がアップ。新しい画像処理システム「Deep Fusion」の効果を体験

iPhone 11には、ナイトモードという写真合成で暗所を綺麗に撮影する機能があります。暗い場所が鮮明に撮れるのですが、ノイズが出てしまっていました。それがiOS 13.2で改善されたということです。

 

www.itmedia.co.jp

 

実際に、iPhone 11で撮影してみました。iPhone 11で撮影する場合、超広角カメラではナイトモードにならないため、1倍の広角カメラでの撮影になります。ナイトモードでは、1秒から3秒程度の撮影中の保持が必要です。α7シリーズのISO合成撮影のような感じですね。

撮影シーンは、今までのスマホならフラッシュをつけないと撮影できないような暗さを選びましたが、普通に撮れてしまっているのが驚きです。合成でHDRが効きすぎると、リアリティがなくなりますが、程よい加減のようで、少しアンダー気味にすれば良い感じでした。

f:id:itokoichi:20191103060157j:plain

f:id:itokoichi:20191103060152j:plain

f:id:itokoichi:20191103060147j:plain

f:id:itokoichi:20191103060507j:plain

f:id:itokoichi:20191103060513j:plain

f:id:itokoichi:20191103060519j:plain

 

【スポンサーリンク】