【レンズ沼297本目】NIKKOR 20mm F4を入手。小型の超広角の性能に驚き【α7II】

ここのところ、NIKKORの初期型レンズを入手しています。1967年製のNIKKOR-S Auto S 50mm F1.4、1962年製のNIKON Fの初のF1.4レンズNIKKOR-S Auto 5.8cm F1.4です。初期型NIKKORの個性的な描写が好きになってしまい、広角レンズも欲しくなってしまいました。

広角は、28mm F3.5と35mm F2を所有していますので、さらに広角レンズを探したところ、NIKKOR 20mm F4が手頃な価格でありましたので、入手しました。巨大なNIKKOR 20mm F3.5から、随分小型になったNIKKOR 20mm F4。その辺りの逸話は、千一夜物語で紹介されています。

千一夜物語によると、当時の広角レンズでは珍しい前玉が凸レンズの構成で、前モデルの20mm F3.5から小型化したそうです。この凸レンズ先行型が超広角レンズのトレンドになったそうです。

www.nikon-image.com

20200716_230046

20200716_230019

20200716_230114

20200718_123820~01

 

作例です。F11、3mのパンフォーカスで軽快に撮影できます。解像度も全体的に高くなっています。

a7ii nikkor 20mm

a7ii nikkor 20mm

a7ii nikkor 20mm

 

a7ii nikkor 20mm

a7ii nikkor 20mm

a7ii nikkor 20mm

a7ii nikkor 20mm

a7ii nikkkor 20mm

a7ii nikkkor 20mm

a7ii nikkkor 20mm

a7ii nikkkor 20mm

a7ii nikkkor 20mm

a7ii nikkkor 20mm

a7ii nikkkor 20mm

a7ii nikkkor 20mm

a7ii nikkkor 20mm

a7ii nikkkor 20mm

a7ii nikkkor 20mm


【スポンサーリンク】