【オールドレンズ】3Dプリンターでマウントアダプターを作ってみた【Argus C44マウントCintagon 50mm F2.8】

Argus C44マウントCintagon 50mm F2.8は、レアなマウントのため、マウントアダプターの入手が困難になっています。

ネットに、マウントアダプターの3Dプリンターのデータを有料で公開しているサイトがありましたので、ダウンロードしてみました。

cults3d.com

f:id:itokoichi:20201016163015p:plain

 

3Dプリンターを持っていないので、オンラインで3Dプリンターデータ作成を依頼できるDMM.comを利用してみました。

f:id:itokoichi:20201016163137p:plain

f:id:itokoichi:20201016163151p:plain

f:id:itokoichi:20201016163202p:plain

f:id:itokoichi:20201016163210p:plain

f:id:itokoichi:20201016163221p:plain

無事に発注ができて、1週間ほどで届きました。

20201010_074056

ピントリングをはめます。

20201010_081721

 続いて、マウント部分をはめますが、大きさが小さめだったので、ナイロン素材をやすりで削っていれました。

20201010_085118

20201010_085149

 ライカL39マウントになりましたので、α7IIにマウントしてみました。

2020-10-10_09-33-30

なお、今回、白い素材を選んでしまったので、内部をマスキングしました。

2020-10-10_09-24-40

無限遠はほぼジャストで使いやすいです。

a7ii cintagon 50mm f2.8

a7ii cintagon 50mm f2.8

a7ii cintagon 50mm f2.8

a7ii cintagon 50mm f2.8

a7ii cintagon 50mm f2.8

a7ii cintagon 50mm f2.8

a7ii cintagon 50mm f2.8

a7ii cintagon 50mm f2.8

a7ii cintagon 50mm f2.8

a7ii cintagon 50mm f2.8

a7ii cintagon 50mm f2.8

a7ii cintagon 50mm f2.8

 

 

【スポンサーリンク】