【α7C】mukカメラサービスが超難関マウントアダプターArri STD用を3Dプリンターで制作。シネレンズ活用に必携【Xenon 75mm F2】

ミラーレスカメラ用マウントアダプターの老舗、横浜関内のmukカメラサービスが3Dプリンター製のカメラ周辺機器の販売を開始しました。

Arri STD-LMマウントアダプターの販売が始まっていましたので、購入しました。

blog.monouri.net

Arri STD用のマウントアダプターは仕様が難しいレンズです。同じArri STDマウントのレンズでも、微妙に違いがあり、現在販売されているマウントアダプターは、レンズに付けてみないと使えるかどうかわからないのが現状です。

mukカメラサービスの小菅さんもブログで書いていますが、最大の問題は、シングルヘリコイドとダブルヘリコイドの違いで、マウントアダプター内部のピンの長さの調整が難しくなっています。

yokohamasakamichi.hatenablog.jp

 

こちらが購入したアダプター。レンズ固定の仕組みがユニークで、別のパーツで留めるようになっています。実は、Arri STDマウントレンズは、他のアダプターでは脱落しやすいため、ユーザー毎に脱落防止を工夫するのがTIPSになっています。今回のアダプターはしっかりした固定のシステムになっています。

20201023_090200

20201023_090103

20201023_090129

 

Xenon 50mm F2に付けてみました。とても良い感じです。

20201023_090240

20201023_090352

20201023_090444

 

Xenon 75mm F2に付けてみました。Xenon 75mm F2は、シングルヘリコイドになっており、Xenon 50mmより、ヘリコイド量が大きくなっています。マウント内部のピンが短いと、最短にした場合、レンズが緩んでしまう、という現象が発生してしまいます。Xenon 75mm対策で、マウント内部のピンを長くしていただき、無事に使用できています。

2020-10-27_08-49-05

 

3Dマウント製ということで、重量のあるレンズは使用不可となっています。

現状で確認レンズは以下とのことです。

装着チェックしたレンズは、シュナイダーのシネクセノンで、
28mm
35mm
40mm
50mm
75mm
すべて35ミリ用です。正常作動を確認しております。

 Arri STD-LMマウントアダプターをebayなどの安価な製品を購入すると、フランジバッグが合わずに無限遠が出ない、レンズ留めのピンが甘くレンズが落ちる、内部のピンが短くピントリングを操作できない、など、トラブルが多発しました。ebayにて、3個ほど違う出品者より購入しましたが、トラブル続きで、結局、購入したマウントアダプターを分解して、LMリングに付けたり、レンズ留めの部分のスプリングを自分で交換したりしていました。

3Dプリンター製とはいえ、国産のArri STD-LMマウントアダプターが使えるとは、大変嬉しいです。Arri STDマウントのシネレンズをお持ちの方は、ぜひお試しください。

α7C、Xenon 75mm F2、mukカメラサービスArri STD-LMマウントアダプターの試写例です。

a7c xenon 75mm

a7c xenon 75mm

a7c xenon 75mm

a7c xenon 75mm

a7c xenon 75mm

a7c xenon 75mm

a7c xenon 75mm

a7c xenon 75mm

a7c xenon 75mm

a7c xenon 75mm

a7c xenon 75mm

a7c xenon 75mm

a7c xenon 75mm

a7c xenon 75mm

【スポンサーリンク】