【moto g100】5G対応でハイエンド並み性能で5万円台とは凄いコスパ #デモ機

モトローラ・モビリティ・ジャパン合同会社より、moto g100をお借りしましたので、紹介します。5G通信対応のミドルレンジスマホとして注目されていますが、性能が非常に高いスマホです。moto gシリーズの中で最高スペックですが、moto gシリーズがリーズナブルな価格帯ということもあり、5万円台で販売が予定されており、入手しやすいモデルです。

 

写真で紹介します。

大画面6.7インチウルトラワイドディスプレイ(21:9 のシネマビジョン
アスペクト比、リフレッシュレート90Hzによるなめらかな画面)、5,000mAhの大容量バッテリーにより、約40時間の利用が可能。f:id:itokoichi:20210522141731j:plain

 

高速充電20W TurboPower(TM) チャージャーを同梱。

f:id:itokoichi:20210522143255j:plain

 

f:id:itokoichi:20210522142317j:plain

 

USB-Cポートとヘッドフォンジャックを搭載。

f:id:itokoichi:20210522142331j:plain

 

電源ボタンは指紋認証を兼ねています。認証は非常に速いです。

f:id:itokoichi:20210522142340j:plain

f:id:itokoichi:20210522142349j:plain


Qualcomm(R) Snapdragon(TM) 870 プロセッサー、8GB RAMを搭載、ストレージは128GB、microSDカードにより最大1TBまでストレージの拡張が可能。

f:id:itokoichi:20210522143420p:plain

AnTuTuベンチマークの結果。ハイスコアです。

f:id:itokoichi:20210522142247p:plain

 

6,400万画素メインカメラ+1,600万画素超広角/マクロカメラ+200万画素
深度センサーカメラで構成したトリプルカメラシステムを採用。

f:id:itokoichi:20210522142512j:plain

作例です。

f:id:itokoichi:20210522142722j:plain

f:id:itokoichi:20210522142748j:plain

マクロ撮影時にはリングライトの利用が可能。

f:id:itokoichi:20210522142829j:plain

f:id:itokoichi:20210522142842j:plain

フロント面に標準レンズと広角レンズを備えたデュアルセルフィーカメラ。

f:id:itokoichi:20210522142500j:plain

デュアルキャプチャーモードにより、アウトカメラとインカメラによる同時録画が可能。

f:id:itokoichi:20210522143648p:plain

 

moto gファミリーとしては初めての5G端末で、5G+4GのデュアルSIMデュアルスタンバイに対応。

f:id:itokoichi:20210522142554j:plain

5G通信を楽天モバイルSIMで試した結果。

f:id:itokoichi:20210522142629p:plain



新機能 Ready Forはケーブルによりスマートフォンと外部ディスプレイを接続し、パソコンのようにデスクトップ表示ができます。スマホ本体がトラックパッドになりますが、キーボードとマウスをつなげばPCのように操作ができます。マルチウィンドウで操作が可能です。

f:id:itokoichi:20210522144004j:plain

f:id:itokoichi:20210522144200p:plain

f:id:itokoichi:20210522144217p:plain

f:id:itokoichi:20210522144246p:plain


また、ビデオ通話、動画視聴、ゲームも利用できます。

f:id:itokoichi:20210522144021j:plain

 実際に試用した感想としては、現在使っているGalaxy S10の次は、moto g100を使いたいと思いました。ミドルレンジながらも、旧機種のハイエンドGalaxy S10より高い性能に感じたのに、5万円台と価格が魅力です。乗り換えるメリットが大きいです。

ハイエンド機種と比較して足りない点は、おサイフケータイ非搭載、画面は有機ELではない、防水が防滴レベル、ということでしょうか。

 

【スポンサーリンク】