BlackBerry KEYoneとKEY2のキーボード比較。形状が大きく変わって入力しやすさアップ

f:id:itokoichi:20180729065139j:plain

BlackBerry KEYoneとBlackBerry KEY2のキーボードを比較してみました。

写真は左がKEYoneで右がKEY2です。友人のKEYoneをお借りして比べてみました。

見た目はそんなに変わらないのですが、キーの形状が大きく違います。

KEYoneは、昔からあるタイプのキーが丸く盛り上がっている感じです。キー個々は近接して隣り合っています。このキーの形状は昔から愛用している端末に多いので、使いやすいです。

KEY2は、パソコンのキーボードに近い感じで、一つ一つが独立しています。このキーボードのサイズで、よく独立させたなあ、と思いますが、これは非常に入力しやすいです。

f:id:itokoichi:20180729070612j:plain

日本語入力に関しては、KEYoneは、ATOKにカスタマイズされた機種だったので、とても快適でした。KEY2は、Google日本語入力でトリッキーな方法で使っているので、残念ながら比較対象にはなりませんでした。

KEYoneを使ったことがないため、この程度の比較となりますが、第一印象でも、キーボードの形状で、随分入力の感覚が違うなあ、と感じることができました。

 

 

 

 

【スポンサーリンク】