【PRO TREK Smart WSD-F30】小型になって3日間バッテリーが持つなんて最強かよ! #プロトレックスマート #アウトドアアンバサダー

アウトドアアンバサダーの企画でPRO TREK Smart WSD-F30の発表イベントに参加しました。来年1月発売の新商品でPRO TREK Smartとしては3代目の商品になります。

f:id:itokoichi:20181211214254j:plain


今回のF30は、とても小さくなりました。現状機種のF20を持参したので、比べてみました。左がF20、右がF30。

f:id:itokoichi:20181211214234j:plain

二層ディスプレイのモノクロモードで比較。

f:id:itokoichi:20181211214211j:plain

いやあ、小さいです。ベルトもスリムに、穴の間隔も狭くなっていますね。

f:id:itokoichi:20181211223145j:plain

小型になった以上に、私にとって素晴らしい機能が搭載されました。エクステンドモードです。

f:id:itokoichi:20181211213907j:plain

画面がモノクロ表示のままで、GPS取得ができるというもの。私の使い方としては、日帰りスナップ旅行でのGPS取得が主になっています。その際には、モノクロ時計表示とGPSログ取得の二つができれば十分です。まさに、今回搭載のエクステンドモードが欲しかった機能です。

従来のF20は、一日中歩いて、GPS取得でモノクロ時計モードで利用すると、バッテリー残が40%程度でした。バッテリーは切れないものの、二日目は厳しい感じでした。

今回のF30は、エクステンドモードで実際に利用したモニターの方によると、高尾山で5時間山登りで使った場合に、何と残り90%だったそうです。凄い!う~ん、まさに私にとって、理想的なスマートアウトドアウォッチです。

f:id:itokoichi:20181211213805j:plain

まだ、メニュー周りは製品版と違う可能性がありますが、エクステンドモードへの切り替えをデモ機で試してみました。アプリメニューから選択します。

エクステンドモードは、GPS取得時間の計画を設定することで、モードが切り替わるようです。テクステンドモードでは、YAMAPなどの外部アプリが使えず、カシオの地図アプリとKMLのログ取得のみとなります。ログは1分間隔にしても、一日8時間取得設定で、3日間持つそうです。凄いですね。ログ取得時間以外は、時計表示のみになるようです。

f:id:itokoichi:20181211213334j:plain

f:id:itokoichi:20181211213342j:plain

f:id:itokoichi:20181211213350j:plain

f:id:itokoichi:20181211213404j:plain

f:id:itokoichi:20181211213410j:plain

f:id:itokoichi:20181211213418j:plain

f:id:itokoichi:20181211213426j:plain

f:id:itokoichi:20181211213434j:plain

f:id:itokoichi:20181211213441j:plain

f:id:itokoichi:20181211213450j:plain

f:id:itokoichi:20181211213459j:plain

まさに、理想的なスマートアウトドアウォッチです。

カシオの方から、今回のF30の紹介がありました。

f:id:itokoichi:20181211213936j:plain

プロトレックスマートの基本価値。腕に地図。防水耐久性。WearOS。

f:id:itokoichi:20181211213930j:plain

ユーザーからフィードバック。サイズ、バッテリー、モノクロの他の画面を希望、他のカラー。

f:id:itokoichi:20181211213922j:plain

使い勝手はそのままでサイズダウン。バンドを柔らかく。穴の間隔を狭く。

f:id:itokoichi:20181211213916j:plain

二層ディスプレイを改善。カラーを有機EL。モノクロは時間以外を表示、コンパス、気圧、歩数。デジタルのプロトレックを実現。

3つのモード搭載。
エクステンドモード。最大3日間。地図、ログだけ。
マルチタイムピースモード。一か月。モノクロだけ。
フル機能。1.5日。

f:id:itokoichi:20181211213857j:plain

クロスバンドを同時発売。

f:id:itokoichi:20181211213848j:plain

YAMAP対応。

YAMAPではGPX対応。
カシオ内蔵ではKML対応。


YAMAP代表の方からYAMAPとプロトレックスマートの関係について解説がありました。

f:id:itokoichi:20181211213656j:plain

 YAMAPの開発への想いとしてはスマートフォンのGPSに可能性を感じる。命を守るために山登りでは、GPSは重要。オフラインでサービス設計。

YAMAPの特徴はコミュニティとオフライン機能。携帯電波は人口の99%をカバーしても、日本国土を見ると、携帯電波のない場所が多い。オフライン機能は大事。

f:id:itokoichi:20181211213613j:plain

f:id:itokoichi:20181211213542j:plain

アプリダウンロード110万。登山人口700万なので、大きなシェアを持つ。

f:id:itokoichi:20181211213535j:plain

山の中ではスマートフォンを見て欲しくない。プロトレックスマートにだけアプリを提供。ハードへの信頼感が大きい。

オフラインでGPS取得ができるPRO TREK Smartとオフライン活用のYAMAPは、まさに相思相愛の関係ですね。

会場にあったデモ機の写真です。

f:id:itokoichi:20181211214108j:plain

f:id:itokoichi:20181211214116j:plain

1月18日の発売が楽しみですね。

wsd.casio.com

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】